世界のエリートはなぜ3歳から哲学を学ぶか

日本的エリートの挫折と転換

これは、ことさらに私が指摘するまでもなく、みなさんが日々の生活で実感していることだと思います。そもそも人生とは明確な正解のないことを「ああでもない」「こうでもない」と模索しながら歩むものです。

そのときどきで優勢になる考え方はあるものの、手探り状態で正解に近づこうと考え続けているわけです。これがまさに哲学に通じる思考法なのです。

哲学的思考は武器になる

日本は高度経済成長期を経て、いまや成熟国家になっています。高度経済成長期までは「1+1=2」という明確な正解がある「知識」を武器に、欧米をモデルにして敷かれたレールのうえを歩みさえすれば、ある一定の成功を収めることができた時代でした。

しかし、今は違います。国も個人も世界に目を向け、自らが主体的に答えを考え、ときには互いに意見を戦わせることが求められます。そこにしか、日本の未来はないと言っても過言ではないと私は思っています。そのときに武器となるものこそ、正解のない問題について考える「哲学的思考」なのです。

残念ながら日本の学校教育では、考える力を磨く教育がおこなわれていません。繰り返しますが、これからの時代は自分の頭で考える哲学的思考法が欠かせません。

この深い溝を埋めるためには、自分自身で哲学的思考法を身につけるしかありません。お子さんがいらっしゃる方であれば、それを家庭学習にとり込んでいくしかないのです。

先ほどのフランスの幼稚園の例にもあるように、哲学は難しいので子どもには早すぎるということはありませんし、何歳からでも遅すぎるということもありません。

子どもに哲学的思考法を身につけさせるには、まず親が哲学的思考法を身につける必要があります。(その方法は、著書『世界のエリートはなぜ哲学を学ぶのか?』で詳しく触れましたので、併せて参考にしていただければより理解が深まるかと思います)。唯一絶対の正解などないビジネスで活躍し、より幸せな人生を歩むには哲学的思考法が必要です。正解のない世界で問題を発見し、自ら解決していくことができる「考える力」をこれから身につけていきましょう。

では、始めます。

Who are you?

【お知らせ】5月19日(火)ブックファースト新宿店で福原 正大氏のトークイベントを開催します。詳細はこちらから


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング