「わが家は空き巣に遭わない」なんて大間違い

泥棒は、そんなあなたを狙っている

最近はピッキングの技術も進化している(写真:ワンセブン / PIXTA)

もうすぐ、ゴールデンウィーク。長期休暇で、海外や地方へ旅行される読者も多いだろう。しかし、休みだと浮かれていると、楽しい旅の思い出が台無しになってしまうことも……。実は、空き巣被害が多い時期として挙げられるのが、正月やお盆、そしてゴールデンウィークのような長期休暇なのだ。

2013年に日本国内で発生した犯罪の認知件数は約132万件。そのうち、75%にあたる約99万件が「窃盗犯」(2013 刑法犯 認知件数より)。空き巣のような窃盗被害は、現代社会で最も身近に起こる犯罪といっても過言ではない。

「職業泥棒」は日本に約3000人

4月18日(土)夜7時からTBSテレビ『ジョブチューン・アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』に出演の小川泰平さんは、元神奈川県警の刑事として30年間勤務し、主に捜査三課で空き巣や金庫破りの職業泥棒と対峙してきた窃盗犯捜査のエキスパートである。そんな小川さんに窃盗被害の実態を伺った。

泥棒の稼ぎだけで食べている泥棒は「職業泥棒」と呼ばれるが、そんな職業泥棒は日本に3000人ほどいると言われている。意外と知られていないことだが、空き巣は1日で十数軒の家に侵入し、数を稼いでいるという。空き巣を1人捕まえると余罪が数百件あった、なんてことがざらにあるそうだ。実際に、小川さんが捕まえた中でいちばん多かったのは、1人で518件。小川さんによると、余罪2000件の泥棒を捕まえた例もあるそうだ。

家族で旅行に出掛けたり、実家に帰省したりすることが多いゴールデンウィーク。留守の家には車がなく、電気も真っ暗。「昨日も今日も車がなかった」ということで泥棒に不在がばれてしまう。泥棒からすると不在がわかっているので、1日中いつでも狙える。

では、泥棒に入られないようにするには、いったいどのような防犯対策をすればいいのだろうか?

次ページ空き巣被害を未然に防ぐには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT