常識外れ?あの「相棒」最終回はアリかナシか

「男はつらいよ」テレビ版を彷彿

おそらく、今回、甲斐享を逮捕して終わるという結末は、「相棒 season 13」 第11話「米沢守、最後の挨拶」が高い視聴率を獲得したことも影響しているのではないかと思います。

相棒は今後、「24」に"発展"するか

第11話も、右京の大切な仲間のひとりである鑑識の米沢守(六角精児)が被疑者となる話。「米沢さんが『相棒』を辞めるなんてありえない」と思いながらも、やはり気になって見てしまいましたから、登場人物が殉職する、逮捕される、といったストーリーは、視聴率を獲得するには最高の飛び道具であることがわかります。

制作側からすれば、退職や異動などで相棒を卒業させて、低視聴率で終わるよりは、物議を醸して高視聴率を獲得したほうがうれしいはず。何も話題にならないよりは「ひどい結末だ」と話題になったほうがいいのです。

「相棒」シリーズは season 13で、これまでの「相棒=裏切らない」という公式を崩しました。今後はシャーロック・ホームズ方式ではなく、「24」(FOX)のように、周りの人がどんどん裏切っていくフォーマットに変わっていくのでしょうか。そう考えると、「相棒 season 13」はひとつの分水嶺であったのかもしれません。 

4月19日(日)には、甲斐享が出演する「相棒-劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」が放送されます。きっとダークナイトだったことは忘れて、普通に見てしまうんだろうな~~。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。