テレ朝は「相棒」病?犯罪ドラマ乱立の真相

米国テレビドラマが証明する、知られざる”大金脈”

4月クールのドラマが続々と最終回を迎えていますが、今シーズンの民放ドラマは特に「犯罪ドラマ」が多かったように思います。19本のドラマのうち8本の主役が警察関係の人たち。おそらく2時間ドラマを足すともっとすごい数になるでしょう。

先日、テレビ業界の女性たちと情報交換していたら「もう、どの局も刑事さん、多すぎ!」と言っていましたから、確かに犯罪ドラマの乱立感は否めません。でも、これはテレビ局の戦略上、間違っているでしょうか。

トクボウ〜警察庁特殊防犯課〜(日本テレビ系)
TEAM〜警視庁特別犯罪捜査本部〜(テレビ朝日系)
刑事110キロ(テレビ朝日系)
BORDER(テレビ朝日系)
ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜(TBS系)
MOZU(TBS系)
ビター・ブラッド(フジテレビ系)
SMOKING GUN〜決定的証拠〜(フジテレビ系)

今シーズンは、特にテレビ朝日が3本の犯罪ドラマをゴールデンタイムにそろえたことから、「テレ朝は、相棒の成功に続け、という”相棒病”にかかっているんじゃないか」という声も聞こえました。ところが「相棒に続け」と刑事物を制作することは、ドラマ界にはびこるリバイバル病(過去のヒット番組は現在も通じると信じこむ病)、キャスティング病(ドラマはキャスティングがすべてと思い込む病)とは違い、経済性に基づいた正当な戦略。病でも何でもありません。

犯罪ドラマは、日本だけではなく世界のどのテレビ局にとっても当たれば大きい大金脈であり、ここを掘っていくことは、恋愛ドラマやホームドラマに注力するより、ずっと重要だと考えられています。

米国のテレビドラマで、犯罪モノが席巻する理由

その証拠を米国のプライムタイムの週間ドラマ視聴者数ランキングから見てみましょう。

このうち、2位の「ビッグバン★セオリー」10位の「THE MILLERS」(ともにコメディ)を除くと、すべて犯罪ドラマ(英語では、Crime Drama、Crime TV Series)です。

次ページ犯罪ドラマはコスパも最高!
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。