W杯の高視聴率は、アイドルのおかげ?

米国のサッカー番組を見て思う、日本のガラパゴス事情

感動のW杯サッカーの番組で、アイドル起用は必要だったのか?(写真:ロイター/アフロ)

4年に1度のワールドカップの季節になると決まって活気づくのが、コロンビア大学経営大学院時代の同級生ネットワーク。普段は用がなければあまり連絡を取り合いませんが、このときばかりは特別。愛国心満載で自国の代表自慢が始まります。

筆者も昨日のコロンビア戦まで、アメリカ人やヨーロッパ人の同級生に向けて、SNSやメールなどで日本代表自慢をしてきました。ところが、今回は、選手自慢だけではなく、日本のワールドカップ特番の特徴についてちょっと書いてみたところ、「何で?」の連発となりました。

「日本ではね、アイドルが司会をするの。ワン・ダイレクションみたいな人たちが、ワールドカップ番組のキャスターとかレポーターとかをやるんだよ」

「え? 日本のワン・ダイレクションがハーフタイムで歌うの?」

「違う、違う、キャスターをやるの」

「何で? 専門家じゃないでしょ?」

筆者がどれだけ一生懸命説明しても、彼らには納得できないようでした。ワールドカップという世界最高のサッカーの祭典を、音楽とダンスの専門家であるアイドルが伝えるというのは、どうしても理解ができないようです。今回は、筆者が友人に対して事細かく説明した「日本のガラパゴスな事情」を、皆さんにもお伝えしてみようと思います。

日本人のW杯熱は、世界でも突出している

2014 FIFAワールドカップブラジル大会の1次リーグの試合が終盤を迎えていますが、今回のワールドカップの特徴は、ヨーロッパ、アメリカ、日本など世界各地で高い視聴率となっていることです。

日本でも1次リーグ第1戦、日本対コートジボワールの試合を生中継した番組(NHK総合)の平均視聴率は、前半42.6%、後半46.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録。もちろん今年最高の視聴率です。第2戦の日本対ギリシャを中継した番組は、通勤時間と重なったことから、平均33.6%。これでもワールドカップ中継としては低いほうだと言われるのですから、いかに国民的な関心事かということがわかります。

次ページ「アイドル起用で視聴率が上がる」は思い込み?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT