W杯の高視聴率は、アイドルのおかげ?

米国のサッカー番組を見て思う、日本のガラパゴス事情

感動のW杯サッカーの番組で、アイドル起用は必要だったのか?(写真:ロイター/アフロ)

4年に1度のワールドカップの季節になると決まって活気づくのが、コロンビア大学経営大学院時代の同級生ネットワーク。普段は用がなければあまり連絡を取り合いませんが、このときばかりは特別。愛国心満載で自国の代表自慢が始まります。

筆者も昨日のコロンビア戦まで、アメリカ人やヨーロッパ人の同級生に向けて、SNSやメールなどで日本代表自慢をしてきました。ところが、今回は、選手自慢だけではなく、日本のワールドカップ特番の特徴についてちょっと書いてみたところ、「何で?」の連発となりました。

「日本ではね、アイドルが司会をするの。ワン・ダイレクションみたいな人たちが、ワールドカップ番組のキャスターとかレポーターとかをやるんだよ」

「え? 日本のワン・ダイレクションがハーフタイムで歌うの?」

「違う、違う、キャスターをやるの」

「何で? 専門家じゃないでしょ?」

筆者がどれだけ一生懸命説明しても、彼らには納得できないようでした。ワールドカップという世界最高のサッカーの祭典を、音楽とダンスの専門家であるアイドルが伝えるというのは、どうしても理解ができないようです。今回は、筆者が友人に対して事細かく説明した「日本のガラパゴスな事情」を、皆さんにもお伝えしてみようと思います。

日本人のW杯熱は、世界でも突出している

2014 FIFAワールドカップブラジル大会の1次リーグの試合が終盤を迎えていますが、今回のワールドカップの特徴は、ヨーロッパ、アメリカ、日本など世界各地で高い視聴率となっていることです。

日本でも1次リーグ第1戦、日本対コートジボワールの試合を生中継した番組(NHK総合)の平均視聴率は、前半42.6%、後半46.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録。もちろん今年最高の視聴率です。第2戦の日本対ギリシャを中継した番組は、通勤時間と重なったことから、平均33.6%。これでもワールドカップ中継としては低いほうだと言われるのですから、いかに国民的な関心事かということがわかります。

次ページ「アイドル起用で視聴率が上がる」は思い込み?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT