W杯の高視聴率は、アイドルのおかげ? 米国のサッカー番組を見て思う、日本のガラパゴス事情

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

民放のスポーツバラエティ番組は、秀逸な企画物も多いのに、なぜ世界的にもユニークなキャスティング戦略に走ってしまったのか。とても残念です。

職人技で魅せる、米国のスポーツ番組がスゴイ

筆者は22日、ESPNで生中継されたアメリカ対ポルトガルの試合を見ていましたが、どの場面もスポーツ番組のプロの職人技が光る構成となっていました。

番組のオープニングはドキュメンタリー調で、ナレーションは世界的な俳優、キーファー・サザーランドでした。リオ・デ・ジャネイロの特設スタジオのキャスターは、ESPNの看板キャスター、ボブ・リー。ゲストは、アレクシー・ララス(元アメリカ代表)と、スティーブ・マクマナマン(元イングランド代表)。ロスから中継でランドン・ドノバン(元アメリカ代表)。全員、かっちりとしたスーツ姿です。

スタジオには3人しかいませんが、話している中身が濃いので、長いと感じさせません。現地マナウスでの実況は、こちらも名物アナウンサーのイアン・ダンケ。解説はテイラー・ツウェルマン(元1860ミュンヘン選手)。

現地に優秀なデータマンがいるのかもしれませんが、刻々と動く試合の中で、細かい数字とデータを入れながら実況と解説を行っていくのは、まさにプロの技でした。途中出場の選手でさえ、その人がどういう来歴か、最近、子どもが生まれたなど家族の最新情報まで、詳細に伝えていました。

アメリカのスポーツ番組の世界は、アンカー、レポーター、解説者と、確固たる専門家が出演しますが、彼らは地位が高い職業として認知されています。スポーツキャスターが、バラエティ番組をやったり、音楽番組をやったりはしません。プロの技は、普段、スポーツ番組を熱心に見ていない筆者でさえも、すごいと思わせるものがありましたから、奇をてらったキャスティングをしなくとも、本物を伝えれば、女性の視聴者も十分取り込めるのではないかと、アメリカの中継を見て思いました。

次回のロシア大会こそ、民放テレビ局はその叡智を集結して、NHKよりも格好よくて、正当な番組で勝負してほしいものです。昨日、NBCを見ていたら、アメリカ版の「SASUKE」がゴールデンで放送されていました。日本のテレビ局の企画力ってすごいよな~~と改めて思った次第です。
 

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT