常識外れ?あの「相棒」最終回はアリかナシか

「男はつらいよ」テレビ版を彷彿

ところがその約束が裏切られてしまったために、怒る視聴者が続出しました。

とってつけたような最終回の狙いは?

 「これまで見ていた3年間を返せって感じ。これまで同様、『相棒』を素直に楽しめるかどうか微妙」
 「伏線も張らずに、カイト(甲斐享)は犯罪者だったなんて言われても、説得力ゼロ。これまでのドラマへの信頼が根底から崩れるという意味で、こんな終わり方は失敗だったと思う」
 「カイトくんが歪んだ正義感で、3年間も右京を『ずっと』裏切り続けていたことになります。どう考えても変」
 「全体的に展開が雑というか……これといったひねりやどんでん返しもない。最初からダークナイトがカイトだってわかっているし、正直、微妙だった」

 筆者もこの「とってつけたような最終回」には首をひねるばかり。あの優秀な制作スタッフがなぜこんな最終回を制作したのだろうかと。何よりも最も気になったのが、昼間の再放送の視聴率でした。甲斐享が出演したのは、3年間で57話。再放送の視聴率が下がり、今後、編成しづらくなれば経済的にも大きな損失です。

こんな最終回を見せられて、自分も含めて、甲斐享が出演する回の再放送を、視聴者はどんな気持ちで見るのだろうか。

「右京を裏切っていたヤツの話なんて、見たくない。亀山薫と神戸尊の再放送だけ見よう」と思うか、

「ダークナイトだった片鱗を見つけてやろう」と思うか。

そんなことを考えていたところに、3月30日から、甲斐享の出演回が続々と再放送。自分を実験台に再放送を見直してみると……「えっ、普通に見てしまう……」。

深読みをすることもなく、伏線を探すこともなく、いつもと同じように見てしまったのです。しかも、甲斐享がダークナイトだったことさえ、忘れています!

あ〜、最終回はなかったことにできるんだ。

その事実にやっと気づいた筆者。4月に入ってから、この再放送の視聴率はうなぎ上り。11%台の視聴率を連発しています。おそらく筆者と同じように、甲斐享の出演回をどのような気持ちで見るか、試してみた視聴者が多かったのではないでしょうか。

次ページ寅さんは死んだハズなのに・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。