元Jリーガーも呼ぶ「公立中」の不登校支援の現場 IT会社「サイボウズ」のオフィス見学も行った

拡大
縮小
不登校児童の増加は、学校現場での大きな課題といわれています(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)
今、学校現場でいわれている大きな問題の一つが、不登校児童・生徒の増加だ。コロナ禍でさらに増え、現在小中学生の不登校は過去最高の24万人にのぼるといわれている。そのような中で独自の取り組みをしている公立中学校がある。学校内にとどまらず、外部との接点を積極的に持っているのも特徴だ。その様子を取材した。

元Jリーガーが指導

中学校の卒業式を翌月に控えた2月14日、横浜市内にある鴨居中学校(長島和広校長)の体育館では、小ぢんまりとしたサッカー教室が行われていた。

生徒たち5人ほどを相手に、数人の指導者たちがパスやシュート練習をやっている。最初は動きが固かった生徒たちも、体がほぐれてくると次第に笑顔が出てきた。

指導者の中で、一際キレのいい動きをしている男性がいる。元Jリーガーの波戸(はと)康広氏だ。

このサッカー教室は、横浜F・マリノスのホームタウン活動を担っているF・マリノススポーツクラブが、同校の「和(なご)みルーム」に登録している生徒を対象に実施したものだ。

「和みルーム」とは、同校の特別支援教室の名称で、集団学習への参加が難しい子どもが一時的に落ち着いた環境で学習するためのスペースである。

横浜市では市内の全小・中・義務教育学校に設置されているが、取り組み方、内容などは学校に任されている。鴨居中学校のように、不登校生徒の支援を主とし、専任の指導員がいて、フリースクールのような先進的な取り組みをしている例はまだ少ない。そしてこの「和みルーム」の特徴は校内の活動だけでなく、外部との接点を増やそうとしている点にもある。

次ページなぜ波戸氏が来校することになったのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT