AIに仕事を奪われる人・奪われない人の決定的差 知識労働者の大量失業を防ぐためにはどうするか

拡大
縮小
AI時代に人間はどのような力を身につければいいのか(写真:joykid/PIXTA)
急速なAI技術の発達によって、従来は人間が担ってきた仕事の一部をAIがこなせるようになってきました。これからの時代に「AIによっても代替されない、人間だけが発揮できる能力」とはどのようなものでしょうか。書籍『田坂広志 人類の未来を語る』より一部抜粋・再構成してお届けします。

人工知能がもたらす「大量失業」

現在、急速に発達している 「人工知能」(Artificial Intelligence:AI)は、これから、人類社会を、どう変えていくのか。

もとより、このAIは、世の中に、効率的かつ便利で快適なサービスを広げ、経済活動の生産性を大きく向上させ、さらには、様々な問題についての最適な意思決定を可能にするという点で、極めて優れた技術と言える。

しかし、このAIには、そうした「光」の側面の一方、深刻な「陰」の側面もある。

なぜなら、この技術が発達し、社会に広く普及していくと、人間の「知識労働」(Knowledge Work)の多くをAIが代替するようになっていくため、「知識労働者(Knowledge Worker)の大量失業」という深刻な社会問題を引き起こすからである。

特に、AIは、「論理的思考」(Logical Thinking)と「知識の活用」(Knowledge Management)については、人間ではまったくかなわない圧倒的な強みを発揮するため、この「2つの能力」によって行われている知識労働は、いずれ、その大半がAIによって代替されていくことになる。

実際、すでに、これまで「高度な知的職業」と思われていた銀行員や証券ディーラー、弁護士や会計士、医師や薬剤師、などの仕事も、「論理的思考」と「知識の活用」で行える部分は、次々と、AIが行うようになってきている。

そのため、日本のある会計士の団体は、「AI革命によって、会計士の仕事の半分はAIに奪われる」と考え、この危機に対処するために、AIに代替されない能力として、会計士が、どのような能力を磨く必要があるかを検討している。

次ページどのような能力を身につけていくべきか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT