テレビは「こどもの国語力」の基盤になりうるか テレビが目指すべきネットにはない「網羅性」

拡大
縮小
テレビは新しい役割を求められている(写真:takeuchi masato/PIXTA)
貧困、子ども問題、災害などの現場ルポを通じて、社会の矛盾やありようを問い続ける石井光太さん。現代社会が子どもたちの「国語力」を奪っているとした新著『ルポ 誰が国語力を殺すのか』で問うた視点から、テレビの可能性を指摘してもらった。

社会変化の中でのテレビの役割

科学技術の進歩によって、これからの70年は、それまでの時代とは比べものにならないぐらいの激しい社会変化が起こると考えられます。そんな未来にテレビが残っているとすれば、紙芝居や落語が形を変えて今も存続するように、社会的な立ち位置が大きく変わっているはずです。

『GALAC』2023年4月号の特集は「テレビ70年・これからの展望」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

明治や大正、昭和のエンターテインメントの大半は、現在では人々の教養を支えるものとして活用されています。図書館の家族イベントで紙芝居が使用される、落語が教科書に載るといったことがそれを示しています。

では、70年後の日本でテレビはどういう役割を担うのか。私は人々の語彙、情緒、想像といった力を育てるツールとして使われるのではないかという気がします。昨年、拙著『ルポ 誰が国語力を殺すのか』(文藝春秋)が話題になり、広く読まれました。

国語力とは狭義の読解力にとどまらず、語彙をベースにして情緒力、想像力、論理的思考力、表現力を中核とした全人的な力を示します。自分の感情を言語できちんと知覚する、他人の考えや痛みを想像する、物事の因果関係を考える、他者の理解を得られるように表現する。こうした力は学力の基盤となるものであり、やがては生きる力そのものになっていきます。

私は、現代におけるテレビは、未来の子どもたちの国語力の基盤を作るために用いられる可能性があるのではないかと思っています。最近の子どもたちの傾向を思い浮かべてください。彼らはネットニュースで、自分で取捨選択して自分の興味のあるニュースしか見ませんし、ユーチューブでお気に入りのチャンネルばかりを閲覧するので限られたユーチューバーの語彙や表現にしか接しません。

あるいは、Netflixに代表されるように、ドラマと言っても韓流のラブコメだけを見続けるといった現象が起きています。これでは、彼らの世界は広がっているようで、実のところは狭められています。では、テレビはどうでしょう。

ニュース番組では、ランダムに情報が流れます。ウクライナの問題も、台風の被害も、クマが町に出現したことも、スポーツの結果も、あらゆる情報が並列に報じられるのです。これは、子どもたちに無作為に多くの情報を与えます。情報の一つひとつは点にすぎませんが、それを知識で繋いでいくことで、大きな世界観を作り上げることができます。

次ページ社会を立体的に把握することに効果的
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT