隠れ「高学歴芸人」がどんどん増えていく"必然" 「おいでやすこが」のこがけんは慶應ボーイ

印刷
A
A
今年のM-1決勝戦出場者たち。今年も熱い戦いが繰り広げられた(写真:週刊女性PRIME)

高学歴芸人というと、クイズ番組で活躍する京大卒の『ロザン』宇治原史規を思い出す人も多いだろう。

高学歴芸人が増えたのはなぜか

今は“隠れ”高学歴芸人がけっこういるんです。『M-1グランプリ2020』決勝メンバーを見ても、『おいでやすこが』のこがけんは慶應ボーイですし、『アキナ』の山名文和は偏差値68の超名門校・滋賀県立彦根東高等学校出身で名古屋外国語大学を中退しています。めちゃくちゃ秀才なんです」(テレビ局関係者)

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

ブレイク中の「ニューヨーク」屋敷裕政も、関西圏の私大の中でトップクラスの同志社大学卒。

もはや芸人でも“いい学校”を出ていないと、成功しないとも思えてくる──。なぜ芸人の高学歴化がここまで進んだのか。

「ものすごく簡単に言ってしまうと、芸人の数が激増しているからでしょうね」

そう話すのは、テレビや映画に詳しい昭和生まれのライター・成田全さん。

同志社大学卒の「ニューヨーク」の屋敷裕政(写真:週刊女性PRIME)

あるテレビプロデューサーに取材したところ“この30年で芸人の数は100倍以上になった”と言っていました」(成田さん、以下同)

そこには、NSCの設立が大きく影響しているという。

「NSCは吉本興業が運営する芸人養成学校で、東京や大阪など全国に8校あります。ほかにも人力舎運営のスクールJCAや、渡辺プロダクションのワタナベコメディスクールなど多くの学校があり、毎年すさまじい数の人がお笑いの道へ進んでいます」

昔は師匠に弟子入りするか事務所のオーディションに合格するかの2択しかなく、芸人への道は狭き門だった。

次ページ学校に行けば芸人になれる時代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT