キャラドーナツが人々を夢中にさせるワケ

キーワードは"懐かしさ"と"家族団らん"

画像を拡大
5年程前から「どうぶつドーナツ」を販売してきた実績がある

そもそも同社では5年程前から「どうぶつドーナツ」を販売してきた実績があり、日本アニメーションから注目されるきっかけとなった。

毎年夏休みに子供向けに開催している「こんなドーナツあったらいいな」コンテストの優秀作品をドーナツにする試みから始まったのだそうだ。今はパンダや猫、犬、カエルなど、その種類は「数えきれないぐらい」(北野さん)あるが、ショーケースには30~40種類ほど並べている状態とのことだ。

懐かしいアニメと懐かしい味の出会い

キャラクターとしても魅力があり、絵本に出てきてもおかしくないほど表情豊かなどうぶつドーナツはネイチャードーナツと並び、同社の看板商品となっている。オーダーメイドにも応じているそうで、たとえばペットをドーナツにして欲しいという依頼もある。

それらのノウハウを投じ、さらに「フランダースの犬」の登場人物、ネロやアロアといった「人物への挑戦」という新たな工夫を加えて表現したのが今回の世界名作劇場ドーナツ。小さな子供を持つお母さん世代、当時アニメを見ていた世代、さらにその親世代と、幅広い年齢の人たちが購入していくそうだ。

「もともと『懐かしい味』が当社のいちばんの魅力だと思っています。その意味で、今回のコラボはぴったりだったわけです。名作劇場ドーナツが、家族だんらんのきっかけづくりになってくれればうれしいですね」(北野さん)。

暖かく、懐かしい世界観をスイーツで表現するのは、簡単なことではないだろう。子供の頃の思い出とは誰にとっても特別なもので、下手をすればキャラクターのイメージを壊し、アニメのファンをガッカリさせてしまう可能性もある。世界名作劇場とのコラボは、「お母さんの味」を守りながら、安心できるおいしいスイーツを提供し続けてきた同社だからこそ実現できたことかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT