キャラドーナツが人々を夢中にさせるワケ

キーワードは"懐かしさ"と"家族団らん"

「パトラッシュ」「ラスカル」「アメデオ」がドーナツに!

アニメ「世界名作劇場」のキャラクターがドーナツになって登場した。3月26日~4月15日は「あらいぐまラスカル」、4月16日~5月6日「母をたずねて三千里」、5月7日~27日は「フランダースの犬」と、それぞれ期間限定で3作品のキャラクターをモチーフにした全8種類が順次発売される。

いずれも1970年代に放映された作品で、内容もさることながら、主人公の少年と絆を結ぶ動物たちの姿が感動を呼び、国民的な人気を博したアニメである。ちょうどその頃、児童として番組を視聴していた世代だけでなく、より若い世代や子供たちにも、「ラスカル」「パトラッシュ」のキャラクターはおなじみだ。

そんな懐かしく、愛すべきキャラクターたちをドーナツとして商品化したのは、大阪に本社を持つフランチャイズチェーンのドーナツ専門店「フロレスタ」。2002年に販売を始め、現在東北から沖縄までフランチャイズ店が35店舗、韓国に1店舗を展開。さらに今年4月から6月にかけて3店舗ほど出店予定だという。食品添加物を使わないことをコンセプトとしている同社では、食品の色を使ってアニメキャラクターのかわいらしさを見事に再現している。

ネロの帽子には、紫いものパウダー

たとえば一番人気のラスカルのふさふさした黄色の毛並みは、ホワイトチョコレートにかぼちゃパウダーを混ぜて表現。しっぽのシマシマはチョコレートだ。「フランダースの犬」の主人公、ネロの青い帽子には、紫いものパウダーを使用した。

「世界名作劇場というブランドが持つ、『あたたかいイメージ』の表現にこだわりました」(フロレスタ 北野敬一さん)。

そのため、表情を出すのには苦労したという。結果として、なんとも言えないやさしい表情を浮かべたキャラクターのドーナツに仕上がった。

価格は300円/380円と高めだが、北野さんによると、「あまり値段に構わず、見た目のかわいらしさで購入されるお客様が多い」とのことだ。発売当日テレビで紹介されたこともあってか、売り上げが1.3~1.5倍になるほどの人気ぶり。キャラクターの商品だけでなく、ほかのドーナツも購入していく客が多いので新規客の増加にも寄与している。

「ちょうどセブンイレブンさんがドーナツを始め、高まってきていたドーナツ人気の波に乗れた感じ」と北野さんは分析する。 ちなみに、同社の事業が本格化し、会社を設立した2006年当時もちょうど、米国の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の来日が重なり、ドーナツフィーバーにのれた経緯があるという。

次ページフロレスタのドーナツの商品力とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。