年5億本突破!「ガリガリ君」快進撃のワケ

プレミアム+コラボ戦略が大当たり

「フルーツなガリガリ君とびだせWグレープルーツ味」も、パッケージは3種類(撮影:今井康一)

7月15日、「ガリガリ君」に、スペシャルな限定品が登場した。その名も「フルーツなガリガリ君とびだせWグレープルーツ味」(税別128円)だ。全国のセブンイレブンなどでの限定販売で、セブン&アイグループとのコラボ商品としては第2弾となる。

商品コンセプトは「フルーツなガリガリ君」。果汁50%と、かき氷タイプのアイスとしては圧倒的に果汁が多く含まれているところが特徴だ。またグレープフルーツの「さのう」とグレープフルーツゼリーが混ぜ込まれ、さらにフルーティさが強調されている。

プレミアム感もさらにアップ

「ゼリーは冷凍下でもプニプニとした食感が感じられるよう設計されています。これは当社の新技術です。また、果肉やゼリーの食感を際立たせるために、通常のガリガリ君より氷の粒を細かくしています」(赤城乳業マーケティング担当・萩原史雄次長)。

普通のガリガリ君は1本60円(税別)、ちょっと高級志向のガリガリ君リッチでさえ120円(税別)。今回の商品はさらに上を行く値段となっているが、これだけのこだわりの詰まった商品のため、コストもかかっている。大人の感覚で言えばお得感があるアイスバーだ。

また、ガリガリ君に欠かせないのが「くじ」。今回の商品では当たりスティックが出ると、500円のQUOカードと交換できる。

セブン&アイとのコラボの初回商品は、今年4月発売の「スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味」。セブンイレブンの人気スイーツをテーマにしたアイスだった。カスタード味のソースを使用し、それまでにガリガリ君にはなかった「とろっとした食感」をプラスした。ちなみに、このときの当たりくじは、「ミルクたっぷりとろりんシュー」との交換だった。

次ページついに年間販売数5億本超えも!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。