年5億本突破!「ガリガリ君」快進撃のワケ

プレミアム+コラボ戦略が大当たり

「フルーツなガリガリ君とびだせWグレープルーツ味」も、パッケージは3種類(撮影:今井康一)

7月15日、「ガリガリ君」に、スペシャルな限定品が登場した。その名も「フルーツなガリガリ君とびだせWグレープルーツ味」(税別128円)だ。全国のセブンイレブンなどでの限定販売で、セブン&アイグループとのコラボ商品としては第2弾となる。

商品コンセプトは「フルーツなガリガリ君」。果汁50%と、かき氷タイプのアイスとしては圧倒的に果汁が多く含まれているところが特徴だ。またグレープフルーツの「さのう」とグレープフルーツゼリーが混ぜ込まれ、さらにフルーティさが強調されている。

プレミアム感もさらにアップ

「ゼリーは冷凍下でもプニプニとした食感が感じられるよう設計されています。これは当社の新技術です。また、果肉やゼリーの食感を際立たせるために、通常のガリガリ君より氷の粒を細かくしています」(赤城乳業マーケティング担当・萩原史雄次長)。

普通のガリガリ君は1本60円(税別)、ちょっと高級志向のガリガリ君リッチでさえ120円(税別)。今回の商品はさらに上を行く値段となっているが、これだけのこだわりの詰まった商品のため、コストもかかっている。大人の感覚で言えばお得感があるアイスバーだ。

また、ガリガリ君に欠かせないのが「くじ」。今回の商品では当たりスティックが出ると、500円のQUOカードと交換できる。

セブン&アイとのコラボの初回商品は、今年4月発売の「スイーツなガリガリ君 ミルクたっぷりとろりんシュー味」。セブンイレブンの人気スイーツをテーマにしたアイスだった。カスタード味のソースを使用し、それまでにガリガリ君にはなかった「とろっとした食感」をプラスした。ちなみに、このときの当たりくじは、「ミルクたっぷりとろりんシュー」との交換だった。

次ページついに年間販売数5億本超えも!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT