「俺の丼プリン」「俺の豚玉」の衝撃

ファミマの大きめシリーズは、女性にも人気

黒を基調にした「俺のシリーズ」

スイーツ好きに性別は関係ないと言っても、どんな種類のスイーツを求めるか、という傾向は男女で違いがあるようだ。

その違いに着眼し、いかにも男っぽいスイーツを展開しているのがファミリーマートだ。その名も“俺の”シリーズ。7月29日には、新商品「俺のWチーズケーキⅡ」(369円)と「俺のバリチョコブラックシュー」を発売している。

黒を基調にした独特のパッケージ

画像を拡大
上:「俺のWチーズケーキⅡ」
下:「俺のバリチョコブラックシュー」

"俺の"シリーズの誕生は、2010年だ。実はそれより前の2007年から、男性向けスイーツに力を入れてきた。ファミリーマートでは、客層の男女比率に比例し、スイーツを買う客の比率も6対4と、男性のほうが高い。

「男性向けスイーツの開発を始めたのは、いわゆる『スイーツ男子』ブームが言われるようになった頃でした。ただ、やはりまだまだ当時は、男性が甘い物を食べるというイメージに抵抗感があった。そこで、男性に手にとってもらいやすいスイーツを作れないか、ということで、男性の開発担当者が中心になりブランドを立ち上げました」(広報担当 津瀬暁子さん)。

量と質を兼ね備え、さらに男性っぽいイメージを強く打ち出すために、「黒」というカラーにこだわった"俺の"シリーズの反響はかなり高く、マスコミにも多く取り挙げられた。意外にも、女性からの支持も高かったという。

次ページいったん中止、そして再開
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。