「賃上げ」機運でベテラン社員が直面するあの問題 総人件費を抑えるには「トレードオフ」もありうる

✎ 1〜 ✎ 213 ✎ 214 ✎ 215 ✎ 最新
拡大
縮小
国をあげての賃上げ機運の中、会社員たちには何が起きるでしょうか(写真:mits /PIXTA)

「物価上昇を上回る賃上げが必要」

1月23日に開会した通常国会の施政方針演説で、岸田文雄首相はそう強く訴えました。

同日、春闘も事実上スタート。連合の芳野友子会長と会談した経団連の十倉雅和会長は「構造的な賃金引上げを目指した企業行動の転換を実現する正念場」とコメント。十倉会長は昨年来「一時的給付も良いが、できるだけベースアップを中心にやってほしい」とも発言しています。

賃上げが2023年、多く企業にとって最も重要なテーマのひとつになるのは間違いありません。先日は「ユニクロ」「ジーユー」などを展開するファーストリテイリングが新入社員の初任給を現在の25万5000円から30万円に引き上げることを発表、追随する動きが広がるどうかにも注目が集まっています。

日本の多くの企業では長年、新卒採用時の初任給や昇給が抑えられてきました。賃上げは若手社員の報酬の底上げを中心に手厚く行われることになることでしょう。

ただ、企業が賃上げに取り組むなら、“トレードオフ”もありえます。初任給が上がれば、年功序列の企業であれば負担する人件費総額は大きく変わります。仮に3万円の初任給の増加にするとして、それが定年までの給与カーブで毎年積まれていきます。

そこで各社が取り組みを迫られるのが、年功序列の廃止です。そうした企業では年齢を重ねた社員の報酬が高くなります。厚生労働省の賃金構造基本統計調査の推移を見れば、入社時と勤続30年時点ではだいたい2倍ほどの処遇差があり、かなりのカーブがあることがわかります。

若手社員の賃上げを行いつつ人件費の増大を抑えるには、勤続年数の長いベテラン社員の報酬を見直す必要が出てくるというわけです。

動き出したメガバンク

こうした動きに対応するような変更は、すでにメガバンクで起きています。みずほフィナンシャルグループはグループ5社、約5万人を対象に、統一した新たな人事制度を導入。報酬制度については勤続年数に応じた年功序列型を実質廃止し、専門性や個人の能力などで13段階にランク付けし、それに対応した給与を支給するとしています。

次ページ創業100年の老舗企業でも…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT