白熱電球1個を5世帯が節電すれば街路灯1本分、三菱総研が家庭でできる節電を試算【地震関連速報】

白熱電球1個を5世帯が節電すれば街路灯1本分、三菱総研が家庭でできる節電を試算【地震関連速報】

三菱総研は、大規模停電と計画停電の影響を最小限に抑えるために、家庭でできる節電についての試算をまとめた。

東京電力福島電子力発電所の一連の事故によって供給電力量が大幅に低下し、供給エリア内で計画停電が実施されている。17日には予期しない大規模停電のおそれがあるとして、緊急の節電要請が政府から行われるなど、混乱もみられる。

電力は基本的に貯蔵できないため、通常、電力会社は毎日ピーク時の数時間前に需要を予測し、それに基づいて火力発電所を使って供給量を調節している。ところが今回はその発電能力に余裕がない。通常電力融通契約がある東北電力も震災被害が甚大で、供給力の不足と送電能力の低下が指摘されている。

中部、関西とは周波数が違うため、大量に送ってもらうわけにもいかない。八方ふさがりの中で、ピークを下げて大規模停電を避けるしかない。17日(木)午前には、供給量の99.4%というまさにぎりぎりの状況だった。

三菱総研では、各家庭のピーク時の電力使用量を800ワットと試算。ピークは一日のうち6~8時と18~20時の2回。このときに電力使用量の多いエアコンの暖房設定温度を1度下げる(使用電力量は10%削減)、冷蔵庫の設定温度を強から弱にする(使用電力量20%削減)、照明をこまめに消す余分な明かりはつけない、待機電力を減らす、などによって、25%、200ワットの削減が可能になるという。白熱電球1個60ワット分の節電を東京電力管内の全世帯が行うと、120万キロワット=160万世帯分の電力になるという。

計画停電の1グループ約200万~300万世帯には少し足りないが、2個消せば余裕で捻出できる勘定だ。停電を防ぐことができれば、交通事故をはじめとする2次災害も防げる。
 
 三菱総合研究所はこの試算の詳細を同社ホームページに掲載した。
http://www.mri.co.jp/

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT