PTA最大のタブー!"強制加入"という闇

大体の問題は、ここに原因がある

これもやはり、強制加入であるために起こる問題でしょう。PTAが任意加入であれば、やめたい人は事情など明かさずやめられるし(役員を断るときも同様です)、そもそも最初からPTAに加入しないことだってできます。

その3 やらされ感がすごい

PTA活動が嫌われる原因はいろいろとありますが、そもそもみんな「やりたいかどうか聞かれていない」というところも大きいでしょう。

入会意思を確認されないまま、子どもの入学とともにPTAに自動入会しているのですから、「やらされ感」を抱くのはある意味当然です。

たとえば、もしあなたが有無を言わさず「釣り」のサークルに加入させられたとしたら、楽しめるでしょうか?(釣り好きな方は、何かほかの、いまひとつ興味がわかないサークルを想像してみてください) 

ほとんどの人はげっそりするか、少なくともあまり楽しめないのではないでしょうか。なんでもそうですが、やはり「自分が選んだ」という要素がないものごとは、楽しみづらいと思うのです。

大まかにあげると、ざっとこんなところでしょうか。またここでは詳しく触れませんが、「PTAを退会しようとして嫌な目にあった」という人も少なからずいます。これは強制加入に伴う最も直接的な弊害でしょう。

なお現在、熊本県のPTAでは強制加入をめぐって裁判も行われています。

任意加入を周知したら、みんなやめてしまう?

任意加入の周知に反対する人がよく心配するのは「(周知したら)みんなPTAをやめてしまうのでは」という点です。本当に事情がある人だけでなく、「ただ、やりたくない」という人まで、みんなやめてしまうのでは、ということを不安に感じるのでしょう。

これについては、わたしは「どうかな?」と思います。そこまで悲観しなくてもいいのでは? 「子どもたちのために何かしたい」という親(とくに父親)はいま増えていますし、そう極端に加入率が下がることはないと思うのです。

次ページそもそも、PTAの大前提が忘れられている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT