「起業界のハーバード」が教える、成功の鉄則

スタートアップの卵たちが殺到

Yコンビネーターのバッチに加わることができるスタートアップは幸運だが、それでも創業にはいろいろな不安がまとわりつく。まず、自分のビジネス・モデルはこれで大丈夫なのかという疑惑が、いつもわき起こってくる。無理もない。成功するアイデアはいつも、不可能性の側へ少しだけ傾いているものだからだ。そんな恐怖を叩きのめさなければならない。

また、独立心を持っていなければならない。親や教師、上司らに指図されて育ってきたのに、ここには誰もボスがいない。Yコンビネーターのアドバイザーも、正解を知っているわけではない。これで縮み上がってしまう起業家もいるようだ。

というわけで、グラハムによるとどのスタートアップも「ガタガタ電車のような内情」でビジネスを始めるのだという。ただ、「失敗したら、またやり直せばいい」と言う。

Yコンビネーターからは、ドロップボックスやエアー・ビー・アンド・ビー、レディッドなどの有名企業が育っている。これまでYコンビネーターを卒業したスタートアップは、2005年の創業以来800社を超えている。

スタートアップが当たり前の世の中に

グラハムは、先頃Yコンビネーターの会長職を次世代に譲り渡した。起業家らへのアドバイスは続けるが、日常の業務からは退くという。その理由は、Yコンビネーターをもっと拡大するためで、大きな組織の運営は自分には向いていないという判断からだという。

シリコンバレーにいると、もはやスタートアップは珍しいことのようには思われない。グラハムもこう語る。

「もうすぐ、大学を卒業すると3つの選択肢が見えるようになるだろう。大学院へ進学する、就職する、起業する」。

そして「起業が増えるということは、産業革命規模で起こる経済の転換」だと付け加える。しかも、これまで投資家主導だったこの世界は、プログラマー主導の世界に変わっているという。

人々がアイデアと踏ん張りで仕事をしていく社会は、活気のあるものになるだろう。グラハムは、そんな時代の始まりを助けたのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT