「起業界のハーバード」が教える、成功の鉄則

スタートアップの卵たちが殺到

シリコンバレーには、スタートアップが多い。そして、ここにはそうしたスタートアップを育成するアクセラレーターも多い。ポール・グラハムは、そうしたアクセラレーターの元祖とも言える「Yコンビネーター」を共同創設した人物だ。

起業家たちが受ける猛特訓

Yコンビネーターは、以下のようなしくみで運営されている。

スタートアップを目指す起業家は、毎年2回募集されるバッチと呼ばれるクラスへ応募する。このクラスは3カ月間続くもので、その間仕事場を提供してもらえるだけでなく、Yコンビネーターのアドバイザーや外部の起業経験者、ベンチャー・キャピタリストの指導を受けたり、彼らの講演を聞いたりできる。始まったばかりで、経験もない自分たちのビジネスをどう開発していけばいいか、そんなヒントがふんだんにもらえるのだ。

Yコンビネーターを共同創設した ポール・グラハム(出所:Wikimedia Commons

この3カ月は、超高速の学びと開発の時間である。この期間中、ただのアイデアだったビジネスは、具体的なサービスや製品として、場合によってはすでにユーザーが何千人、何万人といるような手応えのあるものにまで育っていなければならない。

3カ月が終了する直前にはデモ・デーが開催されて、自分たちのビジネス・モデルを披露。ここで投資界のインサイダーらが、めぼしい起業家と接触する。Yコンビネーターで鍛えられた有望な起業家らは、この時点から独り立ちして、世の中でスタートアップとしてやっていくというわけだ。

こういう、アイデアから製品やサービスのプロトタイプ(ひながた)を作り、投資資金を得るまでのもっとも困難な時期に、起業家らをサポートしようという考えは、グラハム特有のものだったと言える。

それまで起業家は孤軍奮闘して、知り合いからアドバイスを仰ぎ、親戚や友人から創業資金を得てスタートアップを始めていた。だが、今やYコンビネーターのようなアクセラレーターがあるおかげで、その部分が方法論化されて、サポートのシステムとして機能しているのだ。

次ページ結局、成功するビジネスモデルとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT