セグウェイ開発者の、夢のような"発明生活"

あの医療機器も彼の発明だった!

写真:ロイター/アフロ

発明家というと、昔の物語に出てくるような埃っぽいイメージがある。暗いガレージで、日夜機械いじりをしているような風景が思い浮かぶ。だが、ディーン・ケーメンはリアルタイムで精力的に活動を続ける現代の生身の発明家だ。

セグウェイは彼の発明のひとつに過ぎない

ケーメンの名前は、セグウェイで広く知られるようになった。

自転車、自動車、電車と、もう乗り物のかたちはこの世に出尽くしたと思っていたところ、体重を前に傾けるだけで前進する不思議な2輪の乗り物が生まれたのだ。電気で静かに動くが、まるで魔法のようにスムーズに走行する。

2001年に発表されたセグウェイは人々の日々の乗り物となって、路上から自動車を減らすものと考えられていた。みながセグウェイに乗って通勤したり買物に行ったりする未来的な都市が、そこに描かれていたからだ。

その意味ではセグウェイは決して成功したわけではない。現在使われているのは、空港やショッピング・モールなどの警備員、警察、そして観光などの限られたシーンだけ。それでも、一度でも乗ったことのある人ならば、技術を賢い方法で組み合わせる「発明」ということばの意味を深く体感できたはずだ。

ディーン・ケーメンの発明は、セグウェイのもう何年も前から始まっていた。たとえばセグウェイの先駆けとなったのは、1990年頃に発明した立ち上がる車椅子「アイボット」だった。

次ページあの医療機器も彼の発明!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。