ウェブ界の近未来を指し示す男の「嗅覚」

Web2.0の提唱者は次に何を見る?

テクノロジー関係者でティム・オライリーの名前を知らない人物はいないだろう。

オライリーは、1977年に自分の名前を冠した出版社を創設した。サンフランシスコから北へ2時間ほども車を走らせた、のんびりした田舎町に、だ。

そのオライリー&アソシエーツ(後にオライリー・メディアに改称)が出版したのは、コンピュータ関連の解説本。コンピュータ・ハードウェアの関係者たちに向けたものだった。

だが、考えてもみてほしい。1970年代末といえば、インターネットはもちろんのこと、パーソナル・コンピュータが人々に知られていなかった時代。彼は、そんな時にコンピュータに特化した出版社を作ってしまったのだ。

ウェブ界の新しい潮流を見つけ出す嗅覚

写真:アフロ

だが、オライリーの先見の明は年月が経つに連れて次々と明らかになっていく。

たとえば、1992年に出版したインターネットの解説本『ホール・インターネット・ユーザーガイド&カタログ』は、100万部を超えるベストセラーになっただけでなく、いち早くインターネットとは何かというコンセプトを人々と共有した。

そのインターネットにウェブサイトのポータルを作り、そこにバナー広告を表示させるしくみも、オライリー&アソシエーツが最初に考案したものだ。これが、インターネット上で広く利用されたことはいうまでもない。

1990年代後半からはテクノロジー関連の会議も開催し始めたが、そのテーマの設定に関係者は舌をまいた。「オープンソース」「ウェブ2.0」「ロケーション技術」「電子書籍」「ビッグデータ」など。その時々でテクノロジーが可能にする次世代の風景を指差し、そこに人々を集めて知恵を交換し合うという場を設けたわけだ。

ロケーション技術や電子書籍のようにいったん定着してしまえば、その会議はなくなり、新たなテーマに刷新される。現在はIoT(インターネット・オブ・シングズ)やビットコイン技術といった新しいテーマが加わっている。

会議は、たいてい壇上でプレゼンテーションやスピーチをするセッションで構成される。それ以外にもワークショップのようなものもあり、新しい技術の学習の場にもなっている。何よりも、同じテーマに関心を持つテクノロジー関係者が集まり交流するところに、こうした会議の大きな意味がある。ここで行われた情報交換から、さらに新しいテクノロジーやビジネスが生まれているからだ。

次ページメイカームーブメントも生み出す
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT