パソコンが復活? インテルが考える「新機能」

年末に次世代技術リアルセンスを投入

半導体の王者インテルが冴えない。主力のPC用マイクロプロセッサが苦戦を強いられているうえ、モバイル用半導体も思うようにシェアを伸ばせていない。
現状打破に向けてインテルが力を入れるのが、次世代技術の「RealSense(リアルセンス)」だ。リアルセンスではジェスチャーや音声認識、顔認識などを実現する新しいユーザーインターフェースを実現しており、PCの操作性を大きく変えることが期待される。年末には同技術を搭載したノートPCの出荷開始が控えている。 同事業の狙いについて、ムーリー・エデン上級副社長に話を聞いた。

 

PC市場は何年間も伸びる可能性がある

――インテルは主力とするPC市場の縮小に加え、モバイル分野でも苦戦している。

確かにインテルはスマートフォンやタブレット分野で出遅れたが、急速に追いつきつつある。タブレット向け半導体は2014年1~3月期に500万個を出荷し、通期で4000万個の出荷を計画している。

従来のビジネスモデルからは複雑化しており、今はタブレットやスマホ、IoT(Internet of Things=モノのインターネット化)などへ領域を広げているが、どれも意義のあるビジネスだ。

「PCは終わりだ」と言う人もいるが、私は信じていない。イノベーションが追加されれば、PC市場は何年間も伸びる可能性があると思っている。 

次ページ人の言葉学ぶコンピューターに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング