パソコンが復活? インテルが考える「新機能」

年末に次世代技術リアルセンスを投入

――PCビジネスを成長路線に戻し、さらにタブレットのシェアをどう伸ばすのか。

Mooly Eden インテル上席副社長兼パーセプチャル・コンピューティング事業本部長。イスラエル・エルサレム大学卒。1982年、ダディラン・コミュニケーションを経て インテルに入社。複数のインテル製マイクロプロセッサの設計に関する技術や統括責任者などを歴任した後、2004年に副社長に就任。2012年から現職。インテル イスラエルの社長も務める

とてもシンプルだ。1つ目はベストのソリューションを提供すること。これまでは最高のPC向けマイクロプロセッサを提供してきたが、今後はソリューションとして提供する必要がある。

2つ目は、優れたユーザー体験を提供できるかだ。これまでは技術的な目線で、こういう処理ができる、などと言いがちだった。今後は顧客にとってどういう魅力があるかを訴える必要がある。

リアルセンスが目指すのは、人間とコンピューティングのインターフェースを、人間同士のインターフェースと同じようにすることだ。3つの単語で表現すると「ナチュラル」「直感的」「没入感」になる。

ナチュラルというのは、誰かと会った時、目や手、顔を通して、面白いか退屈か、笑っているか真剣かなどを判断できること。コンピュータでも同じことができるようにしたい。

 リアルと仮想の境目曖昧になる

直感的というのは、シンプルで説明書がなくても使いこなせること。そして、没入感とは、リアルと仮想の境目が曖昧になり、それが連続的につながることだ。たとえばコンピューター上で痛いと思うことをすると、体に痛みを感じるようなことが起こるのではないかと思っている。これから世の中は3Dへ変わっていくと私は考えている。 

次ページ3Dがカギに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT