パソコンが復活? インテルが考える「新機能」

年末に次世代技術リアルセンスを投入

 ――つまり、インテルはPCの定義を変えようとしている。

その通りで、PCの世界をがらりと変えるために大型投資をしている。すでに3年半以上の開発期間をかけている。

非常にチャレンジングなプロジェクトだったので、当時の上司だったポール・オッテリーニCEO(当時)に相談するとき、「いい知らせと悪い知らせがある。悪い知らせは非常に複雑。いい知らせは非常に複雑だから、競合が追いつくのが大変」と言ったことがあるほどだ。

今後、キーボードを使ったPCとのやりとりは音声に変わってくるだろう。過去5年間でキーボードがタッチパネルに変わったように、タッチパネルが音声や、自然なジェスチャーへと移行していく。自分の手をPCの前にかざすと、キーボードを使わずに画面の中のキャラクターをジェスチャーで操ることができるようになる。

 PC買い換えサイクルを短く

――リアルセンスはどうやって収益を上げていくのか。

搭載PCはパートナー企業が今年の年末から出荷し始め、15年1~3月期から量産する。今のPCの買い換えサイクルはモバイルで5年強、デスクトップで6年強になっている。日本市場も含めてユーザーは金銭的に余裕がなくなっているわけではなく、特に欲しいと思わないからだ。消費者に欲しいと思ってもらう、思わせるようなものを作る必要がある。欲しいと思ってもらえたら買い換えサイクルが短くなり、市場規模も大きくなる。それこそがわれわれのビジネスモデルだ。 

――出荷目標は。

目標はあるが、ここでは話せない。ただし03年にインテルがモバイルPC向けに無線LAN対応の半導体「Centrino(セントリーノ)」を出したとき、「誰もがWi-Fiを使うようになる」と言ったらみんなに笑われた。でも4、5年後、誰もがWi-Fiを使うようになっている。このときと同じことを私たちは目指している。数年後には3DカメラがどのノートPCにも付いていて、それが当たり前の生活になっていてほしい。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT