DeNA、「ベンチャー2社同時買収」の果実

新たなキュレーションプラットフォームを開始

まとめ作成者(キュレーター)がパートナーのコンテンツを自由に使い、食に関するテーマのまとめ記事を発信する。コンテンツで連携するパートナー企業は7社を予定

既存の事業が伸び悩む中、新たな事業を育成を目指しているディー・エヌ・エーは、食分野のコンテンツに特化したキュレーションプラットフォーム「CAFY(カフィ)」の提供を始めた。

サービス開始は2014年12月。この立ち上げを後押ししたのが、10月に買収したiemo(イエモ)とペロリ。イエモは住まい・インテリア分野に、ペロリは女性向けファッションに特化した「MERY」というキュレーションプラットフォームを運営するベンチャーだ。

2社合算で社員数は約20人にもかかわらず、買収金額は総額50億円と、ディー・エヌ・エーにとっては国内では初となる大型案件だった。しかも、国内で収益化を目的としたM&Aは今回が初めてのケースだ。

サービスのほかに人材面でも注目点がある。買収後、イエモ社長の村田マリ氏(36)はディー・エヌ・エーの執行役員に就任している。村田氏はサイバーエージェントに4年務めた後、27歳でウェブ制作会社を設立。2012年にソーシャルゲーム事業をgumiに売却した経験を持つ。その後、シンガポールに拠点を移し、日本でのビジネスを続けている。今回買収されたイエモは2013年末に設立されたばかりの会社だ。

新たに経営メンバーに加わった村田氏と、キュレーションプラットフォーム推進室長である牛尾正人氏に、新規事業の狙いを聞いた。

次ページライバルとして考えているのは?
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。