ルンバ開発者が狙う、次世代ドローンの姿

オバマも一目置く女性起業家の次の一手

サイファイ・ワークス社のドローンが目指すものは?(写真は同社HPより)

ドローンと言えば今、注目のテクノロジーだ。自律的に飛行する無人ヘリコプターのようなものだが、地上の様子を撮影したり、農作物の生育状態をモニターしたりする。アマゾンは、ドローンを使って配達まで行おうとしている。ホビイストの道具から産業で使える段階へ、今まさに変身を遂げようとしているのだ。

その中で、かなり本格的なドローン開発会社サイファイ・ワークスを起業したのが、ヘレン・グレイナーである。

飛行時間と無線欠点を補う

サイファイ・ワークスの技術の特徴は、フィラメントという極細のワイヤーである。このフィラメントは、送電と通信のために使われるものだ。

現在のほとんどのドローンは、自律飛行はするものの、電池が切れる前に充電基地に戻ってくる必要がある。そのために飛行時間が限られてしまう。また、通信面では、無線であると通信が遮断されたりして、せっかくモニターしている画像やデータがうまく送られてこないこともある。フィラメントは、その欠点を補う技術なのだ。

サイファイ・ワークスのドローンは、実はまずは軍事用に利用されることが目されている。不審な建物の中に敵がいないかを、ドローンが侵入して偵察するとか、敵が侵入して来ないように上空からモニターするといったような具合だ。

だが、通常の目的にも利用できる。このドローンはいつまでも飛んでいることができるため、たとえば倉庫や学校の警備などにも利用できるだろう。広い敷地をカバーできる監視カメラが、上空に設置されているようなものだ。

グレイナーはロボット開発者として有名な人物である。2008年にこの会社を起業する前は、アイロボットの共同創業者として知られていた。アイロボットは、ご存知、お掃除ロボットのルンバを開発、販売する会社だ。マサチューセッツ工科大学の学生時代の教授で有名なロボット研究者であるロドニー・ブルックスと、現在もアイロボット社のCEOを務めるコリン・アングルと共に創業した。

次ページルンバの次の、ロジカルなステップ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT