ドローンは、ウエイターの仕事を奪うのか

<動画>食事を正確に運ぶ賢いロボット

提供:ロイター(ナレーションは英語です、音量にご注意下さい)

ドローンのおかげで、レストランの給仕の仕方が劇的に変わるかもしれない。注文した食事が、空飛ぶロボットによって届けられる時代がやってくるかもしれないのだ。このドローンの名前は「Infinium Serve」。シンガポールのベンチャー企業が「次世代ウェイター」として売り込んでいるものだ。

顧客がiPadを使ってオーダーすると厨房へ送信され、オーダーをした顧客のもとに料理が運ばれる仕組みになっている。同プロジェクトを率いるインフィニウムロボティクス社のJunyang Woon氏は次のように言う。

動画:00分35秒~)「顧客はレストランでウェイターを呼び止めることを心配しなくて済むようになります。ウェイターは外食体験そのものを楽しめるようにするために、時間を割けるようになります。厨房とテーブルの間を走り回るのではなく、顧客とのコミュニケーションに時間を使うこともできます。既存のマンパワーを効率的に活用することを目標としています」

ドローンには、接近する障害物を避け、編隊飛行をできるよう、赤外線センサーが備わっている。価格は8000~4万ドル。しかし、ドローンが巻き起こす強烈な下向きの風にどう対処するか、微妙に傾けただけでこぼれてしまうような飲み物をどう運ぶか、などの課題もありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。