空飛ぶ自撮りカメラ、「Nixie」がやって来る!

<動画>リストバンドが空中であなたを追尾

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

Nixieがセルフィー(自撮り)の未来を間違いなく変える。

これはカメラを搭載した、ドローンに変化するリストバンドだ。空中にクアッドコプターが飛び立つ前に、ユーザーはボタンを押してバンドをアンロックすればいい。

ドローンはモーションセンサーによってユーザーの動きを追跡し、写真やビデオの撮影が終わると、まるでブーメランのようにオーナーの元へ戻ってくる。

自撮りが好きなグループに最適

Nixieは熱心なスポーツ愛好家をターゲットとしているが、グループでのセルフィーが大好きな人達の間でも人気が出るだろう。特に、携帯電話でよくある話だが、伸ばした腕が写真に入ってしまうことを嫌う人達にとっても。

プロトタイプはスタンフォード大学の研究者3名によって開発された。

半導体メーカーのインテルは50万ドルを彼らに提供した。この資金はタイマーでコントロールしたりジェスチャーで呼び戻したりする機能の開発に使われる。この3人は成功への道を歩んでいることを確信している。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT