アマゾンが設置した「巨大ロッカー」の秘密

箱の中から現れてきたのは日産のSUV

5月15日、サンフランシスコ市内のオーシャンフロントのフェリータワー前、人通りの多いジャスティン・ハーマン・プラザに置かれた、黄みがかったオレンジ色の大きな箱。高さ2.5メートル、横幅5メートル、奥行き6メートルの箱には「アマゾンロッカー・ロッカー」のロゴが記されており、#GiantLockerというハッシュタッグも書かれている。

ウォールストリートジャーナルが最初にこの不思議なロッカーをレポートしてからは、米国内の多くの新聞、雑誌、テレビ局の報道が相次いだ。付近を歩く人たちが次々にスマホで写真を撮っている。翌日の16日には宅配ボックスの扉の前にいつの間に「Nissan」のロゴが・・・・。15日の夜にペイントされたという。

イベント当日は多くの人が集まった

16日に現地に行ってみると、ボックスの前には長い人の列。列に並ぶと、名刺のようなカードを配られ、そのカードに印刷されたコードをボックスの前にはめ込まれたスクリーンに打ち込むと、ロッカーの中に収められた自動車、キンドルファイヤー、MP3プレーヤーなどの豪華景品が当たる。

キャンペーンはネットとも連動しており、ソーシャルネットワークに紹介したり、インスタグラムでジャイアント・ロッカーの写真をシェアしたり、と拡散をすれば、アマゾンファイアーのテレビシステム、ゲームコンソール、ギフトカードなどが当たるコードが配布された。

次ページアマゾンと日産のコラボキャンペーン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT