アマゾンが設置した「巨大ロッカー」の秘密

箱の中から現れてきたのは日産のSUV

5月15日、サンフランシスコ市内のオーシャンフロントのフェリータワー前、人通りの多いジャスティン・ハーマン・プラザに置かれた、黄みがかったオレンジ色の大きな箱。高さ2.5メートル、横幅5メートル、奥行き6メートルの箱には「アマゾンロッカー・ロッカー」のロゴが記されており、#GiantLockerというハッシュタッグも書かれている。

ウォールストリートジャーナルが最初にこの不思議なロッカーをレポートしてからは、米国内の多くの新聞、雑誌、テレビ局の報道が相次いだ。付近を歩く人たちが次々にスマホで写真を撮っている。翌日の16日には宅配ボックスの扉の前にいつの間に「Nissan」のロゴが・・・・。15日の夜にペイントされたという。

イベント当日は多くの人が集まった

16日に現地に行ってみると、ボックスの前には長い人の列。列に並ぶと、名刺のようなカードを配られ、そのカードに印刷されたコードをボックスの前にはめ込まれたスクリーンに打ち込むと、ロッカーの中に収められた自動車、キンドルファイヤー、MP3プレーヤーなどの豪華景品が当たる。

キャンペーンはネットとも連動しており、ソーシャルネットワークに紹介したり、インスタグラムでジャイアント・ロッカーの写真をシェアしたり、と拡散をすれば、アマゾンファイアーのテレビシステム、ゲームコンソール、ギフトカードなどが当たるコードが配布された。

次ページアマゾンと日産のコラボキャンペーン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。