「起業界のハーバード」が教える、成功の鉄則

スタートアップの卵たちが殺到

投資業界にとっても、アクセラレーターの存在は歓迎そのものだろう。Yコンビネーターは、バッチに参加するスタートアップに12万ドルの資金を与えるのだが、そこにはベンチャー・キャピタリストからの資金も盛り込まれている。つまり、彼らはYコンビネーターと組むことで、芽が出たばかりのアイデアに投資をして、それが育って行くのを見守り、成功した暁には大きなリターンを得ることができるようになった。

入学は、超難関

グラハムが、Yコンビネーターのようなアイデアを考えついたのも、彼自身が起業経験者だったからである。中学生の頃からコンピューターに慣れ親しんできたグラハムが、プログラマーとして1996年に創設したのは、ヴィアウェブという会社。同社は、誰もがオンライン・ストアを開店できるようなサービス・プロバイダーだった。

ヴィアウェブは1998年にヤフーに買収されたが、グラハムはその時の経験を「決して繰り返したくない」と語っている。それほどに起業は大変なものだったのだ。「ただのオタクたちが、商売の方法も知らずにプログラムを書いていただけ」と、その経験不足を思い出している。

だからこそ、後にそのヴィアウェブの創業者らと共にYコンビネーターを創業してアクセラレーターの走りとなり、起業家らに手を差し伸べようとしたわけだ。

しかし、Yコンビネーターが誰にでも手を差し伸べていると思ったら、大間違いである。現在では数々のアクセラレーターが存在する中で、Yコンビネーターは「アクセラレーター業界のハーバード大学」とも呼ばれている。それだけ、ここのバッチに加わるのは難しい。応募しても、ほとんどが選考から落とされるのである。

グラハムによると、成功するビジネス・モデルは単純である。「人々の生活を楽にすること」。ただし、それが素晴らしいアイデアで、実際に使うユーザーも「こんなことが可能だとは、想像もできなかった」と思わせるようなものでなくてはならない。「食べておいしいもの」という表現を、グラハムはよく使う。「ビジネスの裏技があるわけでも、市場で近道をするわけでもない。楽になる度合いとユーザー数が大切だ」と説明する。

次ページキャリアの選択肢が変わる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT