企業価値は1300億円!米地域密着型SNS

ネットは「狭い世界」へ向かっている?

近隣住人のみで利用できるSNS「Nextdoor」を立ち上げたニラウ・トリアCEO(写真:Jason Henry/The New York Times)

 町内のご意見番を求ム

 かねてからネット企業が是非とも自社のサービスを利用してもらいたいと願う人材。それはアイザック・ゴンザレスのような人だ。

34歳。既婚男性。子供もいて、住民組織のリーダーとして周囲に一目置かれている。地元カリフォルニア州サクラメントの役所の人たちや商店主などの間でも顔が広い。ゴンザレスが何か地域社会の問題に関わり出したというと住民たちは耳を傾ける。

サンフランシスコを拠点とするソーシャル・ネットワーキングのスタートアップ企業、Nextdoor(ネクストドア)は、ゴンザレスのような人の意見や提言こそが同社のネットワークを広げていくカギになるものと考えている。そして地元の商店、その他の事業者に収入源をもたらすだろうと期待する。

「共同社会を築くことはものすごく難しい」と、Nextdoorのニラウ・トリアCEOは語っている。「本物の信頼が不可欠だ」。

投資家に大物と見込まれたNextdoor。3月4日にはベンチャーキャピタル(VC)会社のレッドポイント・ベンチャーズやインサイト・ベンチャー・パートナーズから新たに1億1000万ドルの資金を調達したことを発表する運びとなった。創業3年半にして評価額は約11億ドルに達している。つまりハイテク業界で急増中の評価額10ケタのスタートアップに仲間入りした。

次ページ口コミ情報の生かし方
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT