スポーツは、やはりネット中継するべきだ

サーフィン大会は世界で620万人が視聴

プロサーファーのガブリエル・メディナ (写真:Kirstin Scholtz/Association of Surfing Professionals via The New York Times)

2014年12月、21歳のガブリエル・メディナが、サーフィンの世界チャンピオンを目指してオアフ島のノースショアで勝負していたとき、彼の出身国であるブラジルで何百万人もが釘付けになっていたのはテレビではなかった。タブレットやラップトップPC、そしてスマートフォンだったのだ。

メディナが初めてタイトルを獲得した「ビラボン・パイプ・マスターズ」を、平均で620万人がインターネットの生放送で視聴した。この視聴者数は、2014年のNHL(全米プロアイスホッケーリーグ)スタンレーカップ決勝戦をテレビで視聴した米国人の数を上回るものだった。パイプ・マスターズは、米国のテレビでは一秒たりとも生放送されず、その代わりにユーチューブでストリーミングされた。

ネットなら、世界中のファンにアピールできる

WSL(ワールドサーフリーグ)CEOのポール・スピーカーは、「一般的なテレビとは直接的な関係を結びにくかった」と言う。「サーフィンはグローバルなスポーツで、つねに時差の問題がついて回る。それに、スウェル(うねり)が来るのを待っていなければならない」。つまり、サーフィンの試合を始めるには、波の状態が良くなるのを待つ必要があるということだ。「だから、ほかのスポーツのように開始時間と終了時間を決められない」。

次ページサーフ界の成功に続け!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。