クルーグマン教授、「緊縮財政」をメッタ斬り

ドイツの倹約主婦のようになるのは間違いだ

2014年からFRB議長を務めている、ジャネット・イエレン氏(写真:Gabriella Demczuk/The New York Times)

FRB(米連邦準備制度理事会)議長のジャネット・イエレンを始め多数のエコノミストが、2008年以降の世界の経済危機はだいたいが「デレバレッジ」に絡んだものだと見ている。つまり、あらゆる地域の人々が一斉に負債を減らそうとしている、ということだ。

では、なぜデレバレッジが問題なのか。それは、「誰かの収入」は「誰かがおカネを使った結果」だからだ。私が使えば、それはあなたの収入になる。だから、全員が同時に支出を減らしたら、世界中の収入が減ることになる。

イエレンは2009年にこうも言った。「個人や企業にとっては、使い過ぎに慎重になることは賢明な行動なのかもしれない。実際、経済を普通の状態に戻すにはそれが欠かせない。しかしながら、慎重さは経済全体を苦しめることにもなる」

緊縮政策はまだ足りないのか?

では、これまで経済を「普通の状態」に戻すという点で、どれほどの進歩があっただろうか。実は、まったくなかった。政策決定者らは負債とは何かに関して誤った見方をしており、その誤った見方に基づいて行動してきた。そのため、問題を小さくしようという努力が、逆に問題を悪化させることになったのだ。

まず、データを見てみよう。先週、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートが「負債と(わずかな)デレバレッジ」というレポートを発表した。それによると、GDPに対する負債総額の比率が減少した国は存在しなかった。

次ページ緊縮政策に対してのさまざまな意見
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT