スポーツは、やはりネット中継するべきだ

サーフィン大会は世界で620万人が視聴

10月に、ターナー・ブロードキャスティングおよびESPN(スポーツ専門チャンネル)との新契約締結を発表した会見で、シルバーは次のように述べた。「試合をモバイル機器で見たいという需要が存在するとは考えている。しかし、それは結局のところ、テレビで放送される高品質のコンテンツを補完するものだ」。

一方で、プロサーフィン界はオンライン優先のアプローチを採用した。この戦略はゾシー・メディア(ZoSea Media)ホールディングスの発案によるものだ。ゾシー・メディアは2013年にASP(世界プロサーフィン連盟)を買収し、2015年シーズンの初めにワールド・サーフ・リーグ(WSL)に名称を変更した。

ASPは各地のグループがゆるやかに連携した組織だった。しかし、NFL(全米プロフットボールリーグ)でマーケティング担当幹部だったスピーカーは、このバラバラな組織を廃止し、放送を行うための組織基盤をひとつにした。

すると、この再編されたWSLにユーチューブがアプローチし、独占グローバル・デジタル・パートナーとなった。ユーチューブはストリーミング用のソフトウエアを提供し、それがWSLのウェブサイトとユーチューブのサイトおよびアプリに埋め込まれた。

「テレビを投げ捨てたわけではない」

大会でのインタビューの様子(写真:Kirstin Scholtz/World Surf League via The New York Times)

ただし、WSLはテレビ放送を完全に投げ捨てたわけではない。各地域のメディアをいくつか選んで提携を行っており、ヨーロッパではMCSエクストリームなどのチャンネルと組んで試合を中継している。また、ABCなどの全国ネットにも、ハイライトや編集済みの番組を提供している。

スピーカーは言う。「私たちの戦略は当初から、『止まれ』の標識をすべて取り除き、代わりに『ようこそ』と書かれたマットを敷くことだった。そこに足を踏み入れたのがユーチューブだった」。

次ページ若い世代のファンが多いからこそ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。