4月発売!AppleWatchは、はたして売れるか

花形技術者を投入し満を持して発売

予定していたよりも遅い4月にデビューすると見られているApple Watch(2014年9月9日カリフォルニアにて/写真:Jim Wilson/The New York Times)

アップルにとって、スマートウォッチ開発という困難な課題はもう終わりに近づいている。

だがそのすぐ後には「Apple Watch」を消費者に売り込むという、さらに困難な課題が控えている。超小型コンピュータを身につけるという使い方に対し、消費者の期待は高いとは言えない。

これまでのスマートウォッチの売れ行きは微妙

サムスン電子やモトローラ、LG電子といったメーカーから発売された第1世代のスマートウォッチは、どれも売れ行きも評判も今ひとつだった。「グーグルグラス」のようなウエアラブル端末は(売れ行きはとにかく)広く注目を集めたが、それでも当初はかなり懐疑的な見方で迎えられた。

だがアップルにとって、こうした状況は初めてではない。アップルがiPadを売り出すまで、大半の消費者はタブレットコンピュータのことなど眼中になかった。同様に、iPhoneが登場するまでたいていの人は、スマートフォンを買うことなど思いもよらなかった。どちらのケースでも、アップルは当初のマイナスな見方をひっくり返したのだ。

次ページAppleWatchついに発売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。