4月発売!AppleWatchは、はたして売れるか

花形技術者を投入し満を持して発売

予定していたよりも遅い4月にデビューすると見られているApple Watch(2014年9月9日カリフォルニアにて/写真:Jim Wilson/The New York Times)

アップルにとって、スマートウォッチ開発という困難な課題はもう終わりに近づいている。

だがそのすぐ後には「Apple Watch」を消費者に売り込むという、さらに困難な課題が控えている。超小型コンピュータを身につけるという使い方に対し、消費者の期待は高いとは言えない。

これまでのスマートウォッチの売れ行きは微妙

サムスン電子やモトローラ、LG電子といったメーカーから発売された第1世代のスマートウォッチは、どれも売れ行きも評判も今ひとつだった。「グーグルグラス」のようなウエアラブル端末は(売れ行きはとにかく)広く注目を集めたが、それでも当初はかなり懐疑的な見方で迎えられた。

だがアップルにとって、こうした状況は初めてではない。アップルがiPadを売り出すまで、大半の消費者はタブレットコンピュータのことなど眼中になかった。同様に、iPhoneが登場するまでたいていの人は、スマートフォンを買うことなど思いもよらなかった。どちらのケースでも、アップルは当初のマイナスな見方をひっくり返したのだ。

次ページAppleWatchついに発売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。