4月発売!AppleWatchは、はたして売れるか

花形技術者を投入し満を持して発売

予定していたよりも遅い4月にデビューすると見られているApple Watch(2014年9月9日カリフォルニアにて/写真:Jim Wilson/The New York Times)

アップルにとって、スマートウォッチ開発という困難な課題はもう終わりに近づいている。

だがそのすぐ後には「Apple Watch」を消費者に売り込むという、さらに困難な課題が控えている。超小型コンピュータを身につけるという使い方に対し、消費者の期待は高いとは言えない。

これまでのスマートウォッチの売れ行きは微妙

サムスン電子やモトローラ、LG電子といったメーカーから発売された第1世代のスマートウォッチは、どれも売れ行きも評判も今ひとつだった。「グーグルグラス」のようなウエアラブル端末は(売れ行きはとにかく)広く注目を集めたが、それでも当初はかなり懐疑的な見方で迎えられた。

だがアップルにとって、こうした状況は初めてではない。アップルがiPadを売り出すまで、大半の消費者はタブレットコンピュータのことなど眼中になかった。同様に、iPhoneが登場するまでたいていの人は、スマートフォンを買うことなど思いもよらなかった。どちらのケースでも、アップルは当初のマイナスな見方をひっくり返したのだ。

次ページAppleWatchついに発売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT