4月発売!AppleWatchは、はたして売れるか

花形技術者を投入し満を持して発売

予定していたよりも遅い4月にデビューすると見られているApple Watch(2014年9月9日カリフォルニアにて/写真:Jim Wilson/The New York Times)

アップルにとって、スマートウォッチ開発という困難な課題はもう終わりに近づいている。

だがそのすぐ後には「Apple Watch」を消費者に売り込むという、さらに困難な課題が控えている。超小型コンピュータを身につけるという使い方に対し、消費者の期待は高いとは言えない。

これまでのスマートウォッチの売れ行きは微妙

サムスン電子やモトローラ、LG電子といったメーカーから発売された第1世代のスマートウォッチは、どれも売れ行きも評判も今ひとつだった。「グーグルグラス」のようなウエアラブル端末は(売れ行きはとにかく)広く注目を集めたが、それでも当初はかなり懐疑的な見方で迎えられた。

だがアップルにとって、こうした状況は初めてではない。アップルがiPadを売り出すまで、大半の消費者はタブレットコンピュータのことなど眼中になかった。同様に、iPhoneが登場するまでたいていの人は、スマートフォンを買うことなど思いもよらなかった。どちらのケースでも、アップルは当初のマイナスな見方をひっくり返したのだ。

次ページAppleWatchついに発売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT