ホッケ390円!ワタミは値下げで復活するか

日本株もさすがにそろそろひと休み?

「和民」ではホッケの炙り焼きが690円から390円、鮮魚5品盛りが1500円から990円!おお~、これはかなりのおトク!感が出た?

日経平均株価は15年ぶりの高値をつけるなど、高値圏で推移している。堅調な全体相場を横目で見ながら、カリスマ投資家の内田衛氏はどう過ごしていたのか。どうやら、急騰した青山商事にカラ売りを仕掛けつつ、一方で値下げした「和民」のチェックをするなど精力的に動いていたようだ。いつものように、投資日記で振り返ってみよう。

うわっ、カラ売りの青山商事が上がって含み損!

この連載の一覧はコチラ

【3月2日(月)】先週末のNYダウは、81ドル安の1万8132ドルとGDPの下方修正で反落。2月9日に3950円で1000株の新規信用売りした青山商事(8219)は、205円高の4190円。自己株買いが入っているようでなかなか下がらない。早く売り過ぎたな。日経平均は、28円高の1万8826円と3日続伸。

【3月3日(火)】NYダウは、155ドル高の1万8288ドルと最高値更新! ナスダック指数も44.56上がって5008.09ポイントと15年ぶりの5000ポイント超え。今日も青山商事は85円高の4275円で、一時4300円まで上昇。含み損は35万円まで増加するが、さらに売り増しを検討(4400円で1000株)する。日経平均は、11円安の1万8815円と4日ぶり小反落。

16時、青山商事から自己株式取得状況(2月27日まで)が発表され、184万株、72億5871万2500円となった。上限は330万株、100億円なので、上限株数よりも予算の方が早く達成しそうだ。残りの予算を今日の終値で計算すると、あと64万1200株買うと自己株買い終了となりそうだ。

【3月4日(水)】午前3時、日経225先物は、120円安の1万8700円。NYダウは、85ドル安の1万8203ドルと反落。青山商事は、170円安(3.98%)の4105円と下げ、値下がり率第9位。日経平均は、111円安の1万8703円と続落。

次ページ値下げを発表したワタミの店舗へ行ってみた!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT