ジェットコースター相場で勝つ方法とは?

暴騰暴落の繰り返し、2015年は前途多難?

ジェットコースターのようになっている相場。兜町では、麻生財務相が動くと相場が下がるといわれることもあるが・・(写真:尾形文繁)

さすが、カリスマ投資家――。2014年に続き、今年も年初から荒れると予想した内田衛氏だったが、予想は的中。NYダウも日経平均も乱高下、さらにスイスフランは一瞬にして急騰するなど、相場は「ジェットコースター」のよう。それでも、この間内田氏はしっかり利益を出していたようだ。いったいどんな投資をして、利益を出したのか。「株日記」で振り返ってみよう。

年初から、嫌な予感が的中した

この連載の一覧はコチラ

【1月5日(月)】大発会。10時59分、ついにNISA口座で買っていた神戸製鋼所(5406)を210円で7000株売り、50万4000円の利益確定。買いは、2014年3月12日に138円(公募価格と同じ)で。それに3月には、期末配当4円×7000株=2万8000円と9月には中間配当2円×7000株=1万4000円が非課税に。

配当も含めると約10カ月の投資期間で56.5%のプラスとなった。売った理由は、今年も昨年と同じように、日経平均株価は年初から下げると予想したことと、新年に入って新規のNISA口座枠100万円が増えたから。昨年NISA口座枠が120万円に増えるといった報道があったが、来年(2016年)からだそうだ。神戸製鋼所の終値は、1円高の210円。12時42分には12月29日に付けた213円の年初来高値と並んだ。

【1月6日(火)】午前3時、日経225先物は、310円安の1万7070円。NYダウ終値は、331ドル安の1万7501ドルと大幅安。NY原油は、5年半ぶりに50ドル割れ。9時43分、日経平均は1万7000円割れ。日経平均終値は、525円安の1万6883円と暴落、4日続落。嫌な予感が的中。止まらない原油安、ギリシャのユーロ離脱懸念などが原因か?

【1月7日(水)】午前3時、日経225先物は、200円安の1万6700円。午前2時9分には、350円安の1万6550円まで下げた。NYダウは、130ドル安の1万7371ドルと続落。WTI原油先物は、47.98ドル。こんな中でも、優待銘柄のコロワイド(7616)は60円高の1760円、コロワイド子会社のアトム(7412)は、41円高の865円と親子で年初来高値更新、人気優待銘柄強し。日経平均は、2円高の1万6885円と5営業日ぶり小反発。TOPIXは5日続落。

次ページそれにしても、変動が激しい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT