「稲垣吾郎」を抜いた日経平均株価

2006年の第3次小泉政権の高値を奪回

12月1日午前終値は1万7601円。終値も1万7590円と「稲垣吾郎」を超えた(AFP=時事)

ついに日経平均株価が稲垣吾郎を抜いた――。そういわれても、何のことか、よくわからないかもしれない。12月1日、日経平均は前日比で130円上昇。終値で約7年4ヵ月ぶりに1万7500円台を回復、1万7590円となった。この終値が、語呂合わせの「1・7・5・6・3」(イナガキゴローサン、1万7563円)を抜いたのだ。

なぜカブドットコムは稲垣吾郎をキャラクターに起用?

「稲垣吾郎」越えに、大いにわいているのが三菱東京フィナンシャルグループ系のカブドットコム証券だ。

実はカブドットコムでは今年4月からSMAPの稲垣吾郎さんをイメージキャラクターに起用。同社は、今年は創立15周年、東証1部上場10周年を迎えるにあたり、アイディアマンで知られる斉藤正勝社長を中心に「インパクトのあるキャラクターを起用したい」と、昨年12月ごろから「イメージキャラクター」を検討してきた。

歌手や俳優などいろいろな候補が出ては消えたが、最終的に稲垣さんで行こうと決断したのは斉藤社長。内閣官房のITコミュニケーション戦略活用会議のメンバーでもある斉藤社長は、安倍政権の関係者が株価にコンシャスであり、小泉政権を意識していることを肌で実感しており、そこで稲垣吾郎さん(1・7・5・6・3)の起用を思いついたというわけだ。

実は、リーマンショック前の、日経平均の高値は2007年7月の第1次安倍政権時代の1万8261円(終値ベース)。カブドットコムでは、この高値の突破はいきなりは無理としても、「2014年度中に、第3次小泉政権時代の高値である2006年の1万7563円を超えてほしい」(荒木利夫・執行役営業本部副本部長)との思いがあった。

次ページジャニーズ事務所からOKが降りた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。