ホッケ390円!ワタミは値下げで復活するか

日本株もさすがにそろそろひと休み?

【3月5日(木)】ワタミ(7522)が10年ぶり値下げを発表。若者離れで方針転換だそうだが、いいと思う。昨年の4月頃、消費税が8%に増税となったのに合わせて、かなりの便乗値上げをして「こんなに急に大幅値上げして大丈夫なのか?」と当時の日記にも書いたが、やはり給料が上がらない中では支持を得られなかった結果だろう。

かなり大胆な値下げ!ワタミは立ち直れるか

本日のワタミの終値は、11円高の1187円と続伸。写真は、試験的に先行値下げしている「和民」池袋メトロポリタン通店でのメニュー(税別)。値上げも強烈だったが、値下げ幅も大きい。メニュー変更日は、わたみん家は3月19日、坐・和民は、4月2日、和民は、4月9日から。最近、和民の店舗もよくなって来たと思うが、この値下げで復活できるか見守りたい。

【3月6日(金)】ファミリーマート(8028)とユニーグループ・ホールディングス(8270)が統合交渉というビッグニュース。ユニー傘下のサークルKサンクス(業界4位)とファミリーマート(業界3位)が合併するとコンビニ業界2位となる。本日の終値は、ユニーグループ・ホールディングスが、71円高の737円と急騰したのに対して、ファミリーマートは、120円安の5370円と反落した。日経平均は、219円高の1万8971円と続伸。

【3月7日(土)】午前3時、日経225先物は、100円安の1万8890円と1万9000円を目前に足踏み状態。NYダウは、278ドル安の1万7856ドルと大幅安。米2月雇用統計が発表され、就業者数29万5000人増、失業率は5.5%に低下、賃金は伸び鈍化という内容で、利上げが早まるのではないかと警戒感が出て大幅下落となった。就業者数がよすぎても株は下がってしまうなんて読み方が難しい。1ドル120円72銭、1ユーロ130円89銭。

【3月9日(月)】自己株買いの終了が見えて、順調に下げてきた青山商事であったが、10時30分頃より反発し始めたので、10時34分、青山商事を4070円で1000株新規信用売りした。12時35分、4120円(前日比+95円)の高値を付けたが、4045円(前日比+20円)で引けた。

あとから気がついたのだが、10時30分に青山商事から「月次売上高前年比に関するお知らせ」が出ており、2月単月では売上高が121.6%と大幅に伸びたことが材料となって買われたのではないか?

しかし、通期では98.5%と微減。よく考えると、昨年の2月は大雪が週末に続けて降って売上が少なかったから、今期は大きく伸びたのではという見方もできそうだ。2月20日に立会外分売したアトム(7412)が、9時2分に6円高の822円を付けた。私は2月26日に772円で売ってしまったが、その後も上昇して立会外分売価格から100円上がった。日経平均は、180円安の1万8790円と反落。

次ページついに為替が1ドル122円台に突入
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT