日本の宇宙少年、月面無人探査に挑む

国際レースで日本チーム「HAKUTO」が善戦

アメリカのXPRIZE財団が主催し、グーグルがスポンサーを務める月面探査の国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」。袴田氏が率いるハクトは、月面ローバーの性能を評価する「モビリティ」部門に入賞した(撮影:今井康一)
グーグルがスポンサーを務める、月面無人探査の国際レース「Google Lunar XPRIZE」。世界18ヵ国のグループが参戦するこのレースで、日本チームを率いるのが袴田武史だ。スターウォーズがきっかけで宇宙に惹かれた物静かな男が、優勝賞金2000万ドルを目指して各国の精鋭とデッドヒートを繰り広げる。なぜ月に挑戦するのか、そして、この挑戦に勝算はあるのか。前編と後編に分けて、1人の男の挑戦を追っていこう。

 

1月26日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ。日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下 ハクト)」のチームリーダーを務める袴田武史は、銀色のメダルを首にかけ、カメラの前でいつものように控えめな笑みを浮かべていた。

ハクトはアメリカのXPRIZE財団が主催し、グーグルがスポンサーを務める宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下GLXP)に参加している。レースのミッションは「民間資本で月面に探査車(ローバー)を送り込み、地球からの操作で500メートルを走行、同時に高画質な画像を地球に送信すること」。

このレースは、アメリカ、ロシア、中国などの大国が国家プロジェクトとして数千億円を投じてきた、月面探査の歴史を一変させるもので、ミッションを最初に実現したチームには、2000万ドル(約23億6000万円)が贈られる。

世界18カ国の民間グループが、しのぎを削るこのレースの中間賞の受賞者が1月26日に発表され、ハクトは月面ローバーの性能を評価する「モビリティ」部門で見事に受賞。ほかの2チームとともに賞金の50万ドル(約5900万円)を手にした。

次ページきっかけは「スターウォーズ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。