1人っ子政策に翻弄、「シスター」が描く若者の苦悩 中国では大ヒットを記録、SNSでも多くの共感

拡大
縮小
一人っ子政策に翻弄された女性の姿を描いた、映画「シスター」。(東洋経済オンライン読者向けプレミアム試写会への応募はこちら)© 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

中国共産党が推し進めてきた「一人っ子政策」がもたらした“望まれなかった娘”。家族への複雑な思いを抱える彼女の前に、身寄りがなくなった6歳の弟が突然現れる。人生設計をかき乱された彼女は、自分の人生を生きるか、姉として生きるか、選択を迫られる――。

2021年の清明節(日本のお彼岸に当たる)に合わせた4月に中国全土で公開され、低予算映画ながら中国の興収ランキングで2週連続1位、興収171億円を突破する大ヒットを記録。同時期に公開された中国映画『こんにちは、私のお母さん』同様、女性監督が手がけた感動作として話題を集め、その年の中国の主要な映画賞をにぎわせるなど、高い評価を受けた映画『シスター 夏のわかれ道』が11月25日より全国公開される。

本作の舞台は中国四川省の成都。医者になるために北京の大学院進学を目指し、勉強に励んでいた看護師のアン・ラン(チャン・ツィフォン)は、実家を離れ、自分で学費と生活費を稼ぎながらひとりで生きてきた。ところが疎遠だった両親が交通事故で急死。あわただしく執り行われた両親の葬儀には、6歳の弟ズーハン(ダレン・キム)の姿が。彼は一人っ子政策下で生まれたアン・ランが大学生になったときに、アン家の跡継ぎを強く望んだ両親がもうけた子どもだった。

身寄りのない弟を育てることに

11月11日(金)~13日(日)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

葬儀に集まった親戚たちは、身寄りのなくなった弟のズーハンは、実の姉であるアン・ランが育てるべきだと押しつけるが、医師として生きる道をあきらめきれないアン・ランは「弟は養子に出す」と宣言。養子先を探し、父が遺(のこ)したアパートの一室も売却する手続きを始める。

だが養子先が見つかるまではということで仕方なく、しばらくはズーハンと同居し、面倒を見ることに。幼いズーハンは両親の死を理解できずにワガママばかりで、悩みを共有できない恋人ともすれ違いぎみ、そして仕事先でもトラブル続き。アン・ランはストレスの限界で爆発寸前。誰にも頼れない孤独な日々を送っていた。

次ページ一人っ子政策に揺れるアン・ランの家族
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT