新型「シエンタ」は本当にアレに似ているのか? 指摘されるパンダやベルランゴとの相似性

✎ 1〜 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58
拡大
縮小
「シカクマル」をテーマにデザインされた3代目「シエンタ」
「シカクマル」をテーマにデザインされた3代目「シエンタ」(写真:トヨタ自動車)

トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」が2022年8月23日にモデルチェンジし、3代目に進化した。すでに販売店などで実車を目にした人もいるだろう。

筆者がまず感じたのは、「初代に戻った」ということだ。初代は当初、丸型ヘッドランプを据えた、可愛らしい表情で登場したが、マイナーチェンジで追加された角型ヘッドランプの「ダイス」では、機能面を前面に押し出していた。このシエンタダイスを思わせたのだ。

初代「シエンタ」に設定された「ダイス」
初代「シエンタ」に設定された「ダイス」(写真:トヨタ自動車)

しかし、先代となる2代目はそれとは対照的で、トレッキングシューズをモチーフとしたアクセントラインをバンパー周辺に配し、ボディサイドにも大胆な曲線を入れるなど、躍動感を前面に押し出していた。

アクセントカラーはブルーやブラウンを選ぶことも可能で、ミニバンということを考えれば、かなり大胆なカラーコーディネートだった。

ブルーのアクセントカラーと組み合わせた2代目「シエンタ」
ブルーのアクセントカラーと組み合わせた2代目「シエンタ」(写真:トヨタ自動車)

しかしながら先代は、個性の強さゆえに買い控える人もいたようで、日本自動車販売協会連合会の統計によると、2020年以降は年間登録台数でライバルのホンダ「フリード」に逆転されていた。マイナーチェンジでアクセントカラーが廃止され、一般的な2トーンカラーが導入されたことからも、好き嫌いがわかれていたことがわかる。

しかも、先代はタクシー需要も多かった。都市部で見かける「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」が、先代シエンタをベースに生まれたことを知っている人もいるだろう。しかし、JPN TAXIは高価であることから、地方のタクシー事業者はシエンタを導入するところが多かった。筆者も何度か乗ったことがある。

こうした状況も、初代のダイスに近い雰囲気に戻した理由になったと思われる。事実、発表資料の中のデザインを語る部分にも、「アクティブさを狙った先代から、ライフツールとしての機能を素直に表現した方向へシフトした」と記してあり、イメージスケッチにはタクシーを描いたものもあった。

デザインコンセプト「シカクマル」

資料の中にはデザインコンセプトとして「シカクマル」という言葉がある。これを見て、一部では2013年に日本で発売されたフィアット「パンダ」のデザインコンセプト「スクワークル」と似ているという声があがった。

スクワークルとは、スクエアとサークルを掛け合わせた造語だ。スクエアは四角、サークルは丸という意味なので、シカクマルは直訳形に近い。現行パンダと新型シエンタを写真で見比べると、このフレーズだけではなく、前後まわりに似ている部分が多い。

次ページ「現行パンダを知らない」は考えられない
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT