新型ステップワゴンのデザインは原点回帰なのか

シンプル&クリーンなスタイルで登場した理由

2021年1月7日に公開された6代目ステップワゴン(写真:尾形文繁)
この記事の画像を見る(57枚)

「クリエイティブムーバー」という言葉を知っている人は、今どのぐらいいるだろうか。1990年代中盤、それまで自社開発のミニバンやSUVを持っていなかった本田技研工業(ホンダ)が、この分野への参入を機に与えたキーワードだ。

まず1994年に「オデッセイ」、続いて翌年「CR-V」がデビューし、1996年にここで紹介する「ステップワゴン」が登場した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

5ナンバーサイズのミニバンとしては、すでに日産「セレナ」があったが、商用車としても使えることを考え、縦置きエンジンの後輪駆動(FR)がベースだった。

トヨタはステップワゴンと同じ年に、キャブオーバーワンボックスからミニバンスタイルに変更した「タウンエースノア」「ライトエースノア」を送り出したが、こちらも縦置きFRベースだった。

トヨタではこれ以外に、「エスティマ」のボディ幅を縮小した「エミーナ」「ルシーダ」もあったが、こちらはキャビンの床下にエンジンを縦置きしており、排気量は2.4リッターだったので3ナンバー車であった。

そんな中でステップワゴンは、2.0リッター直列4気筒エンジンを横置きし、前輪を駆動するFFレイアウトを基本とした。

横置きエンジンのミニバンが国内になかったわけではなく、日産「プレーリー」や三菱「シャリオ」があった。しかし、プレーリーは1クラス下、シャリオは背が低くドアは前後ともヒンジ式であり、ライバルとは言えなかった。

FFミニバンの礎を築いたパッケージング

ステップワゴンはデザインも評価された。シンプルでクリーンなフォルムに、ルーフからリアバンパーにまで達する超縦長のリアコンビランプを組み合わせて、それまでのミニバンにはないスタイリッシュかつアイコニックなフォルムを実現していた。

1996年に登場した初代ステップワゴン(写真:本田技研工業)

その人気は圧倒的で、ノアとセレナも次のモデルチェンジで、同じ横置きエンジン前輪駆動ベースのパッケージングに転換するほどだった。

しかしながら、ホンダは人気の車種であっても激変させることがある。ステップワゴンも例外ではなく、2代目はキープコンセプトだったのに、3代目では全長と全高を縮小して、スポーティなデザインとした。これが裏目に出て、逆に5ナンバー枠いっぱいのボディを用意したセレナにトップを奪われる。

次ページ新型のコンセプトは「素敵な暮らし」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT