コロナ禍で「ロードスター」が若者に売れる訳

車重990kgの新登場「990S」に見る価値の本質

今回の年次改良で発表された新グレード「990S」(写真:マツダ)
この記事の画像を見る(24枚)

マツダ「ロードスター」が2021年12月16日に、年次改良を発表。それに合わせて、メディア向けにオンラインで説明会が実施された。新しくなったロードスターは、2022年1月中旬の発売を予定しているという。

ロードスターは、1989年に「ユーノス・ロードスター」として誕生した2人乗りFR(後輪駆動)のオープンカーだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

高性能ではないけれど、「だれもが、しあわせになる。」をコンセプトとして「走る楽しさ」「クルマを持つ楽しさ」を売りに、これまで4世代にわたって世界で110万台以上が販売されてきた。

オープンスポーツカーとしては破格の数であり、マツダの「走りのよさ」というイメージ醸成に、多大な貢献をしてきたモデルだ。

例年とは異なる年次改良の中身

現行の第4世代モデルは、2015年にデビューし、これまで毎年のように改良が行われてきた。ある意味、毎年恒例のイベントだが、今年は2つのトピックがあった。

それは「3つの特別仕様車・新機種の発売」と「新技術KPC(キネマティック・ポスチャー・コントロール)の採用」の2つだ。

3つの特別仕様車・新機種は「軽いことによる楽しさ」を追求した特別仕様車「990S(キュー・キュー・マル・エス)」(289万3000円)と、ダークブルーの幌と黒レザー内装を組み合わせた特別仕様車「NAVY TOP(ネイビー・トップ)」(330万6600円)、鮮やかな新色内装を採用した新機種「RF VSテラコッタ・セレクション」(382万5800円)の3モデルだ。

「RF VSテラコッタ・セレクション」のインテリア(写真:マツダ)

新技術となるKPCは、すべてのロードスターに標準装備となる。

これは、ロードスターにもともと備わっている後輪のサスペンションの特性を生かして、コーナーリング中の安定感を高めるというものだ。具体的には、0.3G以上の強い横Gが発生するコーナーリング中、後輪の内輪側に、瞬間的に非常に軽いブレーキを自動でかける。

ロードスターの後輪はブレーキを利かせると、車体を沈みこませる特性がもともとあるため、ブレーキングによって車体の浮き上がりが小さくなるという。つまり、タイヤの接地感が増して、より安心感が高まるのだ。

おもしろいのは、メディア向けの技術的説明が非常に詳しく、丁寧であったこと。しかも、「違和感のないこと」「トルクベクタリングではないこと」「モディファイ(タイヤやサスペンション、ブレーキなどを交換するなど)しても大丈夫であること」を繰り返したのだ。

次ページ車重990kgの新グレード「990S」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT