さらばS660、日本独自の軽スポーツカー文化に幕

ホンダ伝統のSシリーズ終幕、今後の復活は?

S660αの走行イメージ(写真:本田技研工業)

ホンダの「S660(エスロクロクマル)」は、軽自動車では数少ない2シーターのオープンボディを持つスポーツモデルだ。エンジンを座席後方、車体のほぼ中央に配置し後輪で駆動するミッドシップ・リアドライブ(以下、MR)採用の本格派で、とくにスポーツカー愛好家にファンが多い。残念ながら同モデルは、2022年3月に生産終了することが決定しており、受注自体も一旦は停止していた。

ところがホンダは、2021年11月1日、数量限定ながら同モデルの追加販売を発表した。新たに追加生産が予定されるのは650台で、一部ディーラーでの販売ならびに公式ホームページ内で抽選販売を行うという。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

追加販売する主な理由は、生産終了に対する反響の大きさだ。2021年3月の発表直後から注文が殺到し、想定を大きく上回る早さで完売したことで、商談途中で購入できなかったユーザーがかなりの数にのぼり、追加販売の要望が数多く寄せられた。ホンダは、それらに応えるため追加生産を決めたという。

まさに「愛好家たちからの熱いリクエスト」がメーカーを動かした。それほど、愛されていたS660には、いったいどんな魅力があったのだろうか。ここでは、S660の主な特徴や歴史、ホンダにおける存在意義などを紹介。加えて、ダイハツ「コペン」やスズキ「アルトワークス」といった同ジャンルの他社モデルも交えながら、海外にはない日本独自の「軽スポーツカー」文化についても検証する。

ホンダの軽スポーツ「S660」が愛される理由

S660のスタイリング(写真:本田技研工業)

S660の大きな魅力は、やはりそのスタイルだろう。「ENERGETIC BULLET(エネルギッシュな弾丸といった意味)」をコンセプトに開発された外観デザインは、突き抜ける弾丸のような塊感と、ロー&ワイドなフォルムを表現する。また、スポーティな2シーターボディに頭上空間がオープンとなるタルガトップの採用、フロント165/55R15・リア195/45R16という前後で違う太さのタイヤを装備するなどで、軽自動車ながら本格的なオープンスポーツカーの風格を漂わせている。

S660に搭載される直列3気筒DOHCターボエンジン(写真:本田技研工業)

さらに高い旋回性能を生むMRレイアウトと、高回転型ターボを採用した最高出力64psを発揮するエンジンなどで、高い走行性能を実現。吸・排気音、ターボチャージャー作動音、アクセルオフ時に過給圧を開放するブローオフバルブ音などには独自のサウンドチューニングを施し、スポーツカーならではの迫力あるサウンドが楽しめることも魅力だ。

次ページ販売ラインナップと誕生の歴史
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT