「S660」と「コペン」はその後も売れているのか

ホンダとダイハツ、軽オープンの最新動向

(左)ホンダ「S660」(写真:Honda Media Website)と、(右)ダイハツ工業copen(写真:ダイハツメディアサイト)

ホンダ「S660」とダイハツ工業「コペン」。いずれも軽自動車の2シーターオープンスポーツカーとして街中を走る姿が目立つクルマだ。そして、ホンダ「ビート」、スズキ「カプチーノ」、マツダ「オートザムAZ-1」といった、かつての軽スポーツカーを思い出す人も少なくないだろう。

相次いで登場した軽スポーツカー

バブル期の話だと勘違いされがちだが、「平成ABCトリオ」と呼ばれるAZ-1、ビート、カプチーノが各社から相次いで登場したのは、実はバブルがはじけてからのことだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

最初に登場したのは1991年5月のビート。次いで半年後の11月にカプチーノが、それから約1年後の1992年10月にAZ-1が発売された。あまりに奇抜だったAZ-1は1995年6月に4392台で生産終了と短命に終わり、ビートとカプチーノは軽自動車規格が改定となる1998年10月まで、それぞれ3万3892台と2万6583台が生産された。

その後、しばらく軽自動車の世界にスポーツカーらしいクルマが存在しなかったところ、今度はダイハツ工業が2002年6月に送り出したのが初代「コペン」だ。当時はスズキ「アルト ワークス」やダイハツ「ミラ アバンツァート」、三菱自動車「ミニカ ダンガン」などといった激ハヤの武闘派軽自動車もなりをひそめていた時代。くだんの「平成ABCトリオ」のときには沈黙していたダイハツが、なぜに今頃?という気もしたものだが、実はダイハツがコペンを手掛けた理由もまさしくそれが原点にある。

軽自動車のスポーツカーが不在の時代に現れたコペン(写真:ダイハツメディアサイト)
次ページ開発者の思いが原動力に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT