「クラリティPHEV」公道で乗ってわかった実力

滑らかで快適だが山道での走りには課題も

初めて一般販売されたプラグインハイブリッド車の実力は?(筆者撮影)

日本では2016年に送り出された燃料電池車が話題となったホンダ「クラリティ」。そのPHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)版が発売されたのは、今年7月。PHEVとは、充電したモーターだけで走る電気自動車(EV)としても、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)としても使える車だ。

未来的なスタイリングと使い勝手にも配慮したクルマ

実はクラリティにはPHEVだけでなく、ピュアEV(電気自動車)もすでに存在し、そのすべてが2017年より北米で販売されているのだが、日本市場にはPHEVが向くとの判断からEVの導入は見送られた。また、リース販売だった「クラリティ フューエルセル」(燃料電池車)や「アコードPHV」と異なり、初めて一般販売されたのも特徴だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そのクラリティPHEVを拝借してごく普通に使ってみた。

未来的なスタイリングは個人的にはけっこう好み。インテリアも上質に仕立てられており、「高級車」の風情も感じさせる。後席の居住性も、このフォルムから想像するよりも高く、膝前や頭上のクリアランスは広い。3人掛けの外側2人分がやや内側に寄っているので横方向の余裕もある。シート下にタンクを搭載するが、しっかりカドがえぐられているのでカカトが当たって煩わしい思いをすることもない。

トランクは、さすがにいろいろな臓物を周辺に積むため、フロアの平らな部分が狭く、フードの開口面積も大きくはないが、これだけあれば不便はない。このクルマのパッケージングを設計した人はすばらしい仕事をしたと思う。

EV走行の持続を可能にしているエンジン内部(筆者撮影)

ボディサイズはけっこう大柄で、最小回転半径も5.7mと取り回しがよいわけではないが、ハイデッキながらエクストラウインドウにより後方視界が確保されているのは助かる。

メカニズム面では、前身といえるアコードPHVのエンジン排気量が2.0リッターだったところ、1.5リッターへとダウンサイズしたことに業界内でも驚きの声が聞かれた。

次ページ滑らかな走りがまず印象的だった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。