ホンダの元祖HV「インサイト」なぜいま復活?

縮小続く国内セダン市場に「6車種目」を投入

ホンダはハイブリッドセダン「インサイト」の新型を2018年中に国内向けに発売する(撮影:尾形文繁)

ホンダのハイブリッド車(HV)「インサイト」が4年ぶりに復活する。

1999年にホンダ初のHVとして登場したインサイト。ガソリン1リットルあたり35km(10・15モード)をうたい、トヨタ自動車の「プリウス」と共にHV市場を開拓した2ドアのエコカーだった。2009年発売の2代目は、5ドアで200万円を切る価格に挑戦したが、プリウスの圧倒的な販売台数と戦えず、2014年に販売・生産を終えた。4年のブランクを経て、2018年中に3代目インサイトが国内向けに発売される。

インサイトの「2代目」は販売が伸び悩み、2014年に販売・生産を終えた(写真:ホンダ)

今回の3代目は、かつてプリウスと比較されがちだったリアフォルムをすっぱりやめ、近年のホンダのセダンらしいデザインとなった。ほかのセダン「アコード」などと同様、バッテリーを後部座席の下に納め、トランクのスペースを広く取ったという。インテリアも上質さを重視し、従来のインサイトのイメージからの脱却を狙っている。

目玉は2モーターハイブリッドシステム

下からLX、EX、EX・BLACK STYLEの3グレードが用意されており、いずれにも自動ブレーキなどの安全運転支援システム「ホンダセンシング」が標準装備されている。現時点で国内向けの価格と燃費は非公表だ。

目玉は、ホンダが近年、注力している2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」だ。現在、販売されている「クラリティPHEV」「アコード」「CR-V」にも搭載されており、次期型の「ヴェゼル」にも採用が予想される。

1.5L DOHC i-VTECエンジンと発電用と走行用の2つのモーターを駆使することで、3つのモードをシームレスに使い分ける。高速道路など車速が早い場合はエンジンだけで駆動するモード、発進時や街中の走行でバッテリーのみで駆動するモード、加速時やワインディングの道路では、エンジンとバッテリーを組み合わせて駆動するモードに自動的に切り替わる。

走り心地と加速感を向上させ、燃費性能との両立を実現した。インサイトの燃費はガソリン1リットル当たり23.4km(アメリカで販売されているタイプの燃費、市街地モード)と、2011年にマイナーチェンジした2代目の同17.4kmよりも30%程度の改善が見られる。

 
次ページ先行投入したアメリカでの売れ行きは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。