ホンダの元祖HV「インサイト」なぜいま復活?

縮小続く国内セダン市場に「6車種目」を投入

昨年、日本に復活した「シビック」。セダンに加え、ハッチバックもラインナップされている(撮影:梅谷秀司)

しかし、なぜこのタイミングでの登場なのだろうか。「インサイト=洞察という意味を持つこの車は、ホンダにとって時代ごとのメッセージを表す存在だった」と開発責任者の堀川克己氏は話す。今は電動化の時代、ホンダも2030年までに世界販売に占める電動車の割合を3分の2まで引き上げる計画を掲げる。もともとインサイトはホンダHVのパイオニアであるため、電動化戦略の伝道師として、再度登場することになったといえそうだ。

ホンダの主力セダン「アコード」。日本向けはHVのみだが、北米向けにはガソリン車とHVの設定がある(写真:ホンダ)

すでにアメリカでは今年6月からインサイトを市場投入し、9月までの4カ月間で約6000台を販売。ホンダは、インサイトを「シビック」と「アコード」の中間に位置づける。シビックは月3万台前後が売れているホンダの主力セダンだが、HVの設定がない。シビックとインサイトはプラットフォーム(車台)を共有しており、シビックのサイズで高級HVセダンが欲しい消費者を狙う。

ただ、一つ上の車格のアコードにはHV設定がある。ベースグレードの価格はインサイトが2万2830ドル、アコードHVが2万5100ドル。価格差は約2300ドルと小さいため、HVが欲しい消費者は選択に悩むところだ。

立ち位置を明確に打ち出せるか

インサイトの投入で国内向けのセダンのラインナップはかなりにぎやかになる。旗艦車種のレジェンドを筆頭に、クラリティPHEV、アコード、インサイト、シビック、グレイスと6種類になる。国内市場でのターゲットは40~50代の独身層だというが、この想定顧客層はクラリティやアコードと重なる。またアメリカと同様、シビックのHV版という立ち位置を明確に打ち出せるのかは疑問だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

前出の堀川氏は「プリウスを意識せずに作った」と言う。一度「プリウスのライバル」としてのイメージから抜け出し、ホンダのHVの決定版として新たなポジションを構築したいとの思惑も透けるが、今やSUV(多目的スポーツ車)の勢いに押され全世界で縮小しているセダン市場で、それを実現するのは決して容易なことではないだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT